2017年購入リスト


  • 腹筋ローラーはこのタイヤの小さいタイプの方がお勧めです。グリップもしっかりしているし、転がりもいい気がします。

  • GARMIN GPS スマートウォッチVIVOACTIVE J HR
    最強ウエアラブル、最強GPS

購入したモノ

目指せ東京マラソン

2016.09.20

2017東京マラソン落選

タイトル以上の情報はありません。

Img_2748

こんなメールが届いたわけです。

下にスクロールさせる必要なんてありません。

そのあと、当選者に誤発送なんてニュースがあったので

ほのかな期待を胸に、問い合わせしたのですが

Img_2756

落選は落選。

さて

これから冬に向けての目標は

1:加須こいのぼりマラソン(ハーフ)

2:世田谷新人柔道大会

3:ゴルフで70台を出す

とします。

目標に向けて、何が出来るのか、何をする必要があるのか?

色々考えてみたいと思います。

2016.09.10

ランニング状況

東京マラソンに応募して

「今年は12倍の倍率だよ〜」なんて気楽なメールが来て
さらには職場地元地域のハーフマラソン大会にエントリーして、見ず知らずの地元の飲み屋チーム所属に何故かなって
とりあえずモチベーションは上がってきました。
もちろん、東京マラソンに当選したわけではありません。ただ、9月中にくる当選通知が来てからでは遅い!と自分に言い聞かせ、はしりました。

20160910_92739

↑かなりわかりにくいログのスクリーンショットですが

7月57km

8月164km

9月71km(9/10現在)

よく走るようになりました。その分ジムに行く回数が減っております。

体重はさほど変わっておりません。9月上旬の北海道旅行で食べまくった結果です。

体調はすこぶる良好です。

一回のランニングも

20160910_94331

10kmを越す程度の距離走れるようになりました。

これから涼しくなるので、徐々に距離をのばせるようになると思います。

シューズは


ほとんどこのシューズを使っております。
効果があるかどうか?というと微妙ですが、逆にこれで10km走っても膝などに痛みが来なくなりました。

現在の目標で確定的なものは12月のハーフマラソンだけなので、柔道の大会にも出たいと思っております。

2016.03.04

祭りのあと

東京マラソンが終ってから疲労がどっとやってきました。

今まで20㎞×5、30㎞×1やって来ましたが42㎞は初めてだったし、ペースも早いわけですから当然ですね。
アキレス腱、腿(大腿四頭筋)ケツ(大殿筋)、ふくらはぎ、膝、ハムストリング
ただ、大腿四頭筋はさほどきていません。
足を前に出さないランニングフォームができていたのかもしれません。
一番気になったのが膝です。
20歳の頃、前十字靭帯の再建手術をしているので、ここを再度負傷するのは流石に辛い。
そんなこんなモヤモヤをどうリカバーするか色々考えていたのですが、
ゴール後やったことをまとめると
1:アミノバリュー(粉状)を飲む
広告通りにやってみました。
効果はよく分かりません。
2:銭湯で温冷浴
祝勝会で生ビール×2を飲みましたが、さほど体に入らず、あとはずっと水を飲んでいました。そして自宅前の銭湯で入浴しました。3回ほど繰り返しました。
この辺から膝はかなり痛く真っ直ぐ歩けていませんでした。
ーーーーーここまでが当日の話ーーーーーー
3:ちょっと離れた温泉のある銭湯
東京の黒い温泉があり、さらにはプールや高温サウナのある銭湯です。
ここで昨日同様温冷浴を繰り返しました。あと10分ほどプール歩行もしてみました。
正直これはさほど意味ないと思います。
あと電気風呂もあります。低周波のマッサージ器のようにピリピリしてマッサージ効果が有ります。数年に一度ぎっくり腰をするとココでマッサージをして治療終了とするのがおれ流。
しかし、今回はこれだけでは効果が及びませんでした。
なるほどフルマラソン恐るべし
ーーーーーここまでがよく日の話ーーーーー
4:鍼灸に行った
後輩がやっている鍼灸に行きました。
ここで膝に針を打ってもらいました。診断的には「鵞足炎」という事でした。
過去もこの痛みは経験あるので、あれら全て「前十字靭帯」ではないということが分かったことも収穫です。
他にもハムストリング、ふくらはぎを「激烈パワーマッサージ」を受けました。
うつ伏せになっているので何を処置されたのか分かりませんが、ハードモードなマッサージを受けました。
これで、一応歩けるようになりました。
5:調子に乗って夜にリカバーランニング3㎞
上記の鍼灸で気を良くして散歩に毛が生えた程度のランニングをしました。
しかし、これは蛇足でした。痛いだけで気持ちよくありません。
まあ、距離的に無理をしなかったので大事には至りませんでした。
ーーーーーここまでが3日目の話ーーーーー
6:ジムでトレッドミル20分
上半身はほとんど平常運転なので、ジムでダンベルプレス、アームカール、アームエクステ、腹筋をしました。
そして軽く前日同様程度のウォーキングをトレッドミルでしました。
疲労は、局部的にまだ残っている感はあります。
膝は針を打って以来、楽にはなっているものの、何かが残っている感覚はあります。
ーーーーーーここまでが4日目ーーーーーー
7:60分3000円の激安マッサージ屋に下半身中心のマッサージを受けた
ここは以前行った際、「女性のマッサージ師で物足りなさが残ったけどまあ安いからしょうがない」という感想の店でしたが、上記鍼灸院が予約いっぱいで入れなかったため、きました。
今回は男性だったのか、腕がいい人にあたったのか、こちらがとても付かれていて受け取り側が準備良かったのか?とても良い感じでした。
8:懲りずにリカバーランニング(40分ほぼウォーキング)
やっぱり、普通に走れませんでした。
歩いている分には影響は感じないのですが、少しでも走る態勢になるとあちこちに歪を感じました。焦っているつもりはありませんが、体がここまで影響を受けていることを初めて感じました。
上記にプラスして、サプリメントはプロテインは毎朝、毎晩飲んでいます。
これが疲労に影響あるかは分かりませんが、破壊からの生成という意味で無駄ではないと思います。
他にはマカも毎朝毎晩飲んでいます。これは通常は夜だけなのですが、ちょっと元気だしたいのでプラシーボ効果かも知れませんが飲んでみました。
5日経った訳です
多分今晩も、ランニングをすると、普通にしていると感じない痛みがでてくるのかもしれません。
正直これでよかったか分かりません。
本当はもっといい方法も合ったのかもしれません。
ただ、特効薬っていうのもないし、あとは時間が解決するだけだと思います。
準備の時もそうでしたが
環境において、やれるだけのことはやっているとは思っています。

続きを読む "祭りのあと" »

2016.02.29

東京マラソン2016報告

結論から書くと

グロス3時間58分ネット57分で
サブ4をギリギリ達成しました。
脚筋肉不足を痛感しました。
よく日になってこうやってブログ書いているのですが
ケツとハムストリングスが筋肉痛
そして右の膝の関節が痛い。

大腿四頭筋(もも前側)は痛くないので、

走り方、フォームはきちんと走れていたのかもしれません。
しかし「筋トレ」という自分のジャンルにおいて足りていなかったという現実は受け止めないといけません。
心肺機能は5㎞タイムトライアルで21分ではしれたことを根拠にサブ4に目標変更をしたのですが、実際にはこの心肺機能はあまり使わなかったというとヘンですが、効果を感じませんでした。肩で息をするほどのスピード(私の場合4分台)のペースはゴール手前程度しかありませんから。
とは言え、佃大橋からの仕上げゾーンにおいて、ペースを落としているつもりは毛頭ないのにもかかわらず、時計を見るとペースが上がっていない状態はかなり自分の中でショックでした。
逆にその状況でペースを落とさないように戻せたのは「ガッツ」だけでした。
佃大橋の声援がなくなる坂では、本当に涙と鼻水がでていました。
腕のふり(引き)と前傾を大げさにやってナントカしのぎました。
その後も続く橋の坂も超レッドゾーンのガッツモードでした。
この「ガッツ」を引っ張り出せたのも今までのトレのおかげとか、心肺機能のおかげとか、思えばそうなのかもしれません。
イメージとしては
5分50秒程度で30㎞まできてここから一気にガッツモードでサブ4
と思っていましたが
結果としては
5分30秒ペースで後半はバテとガッツの相殺で維持したままギリサブ4
まあ
帳尻合わせた格好です。
しかし自分の戦略どおりできず、周囲に流されて、さらには身体能力の不足が露呈してしまったことは気持ち的に引きずりますね。
今後もランニングを続けたいと思います。
もう5㎏落として楽なサブ4を目指したいものです。

続きを読む "東京マラソン2016報告" »

2016.01.05

東京マラソン準備中間報告

こちらでも、ポチポチ報告させていただきます。

ランニングは11月、12月と150km/月程度走っております。
しかし、かなりペースは落としております。
6.5km/月程度
10㎞から20km程度。コレを週2か3程度やっています。
無酸素運動も普通に今まで通りやっています。

チャリはあまり乗らなくなってしまいました。時間がかかりすぎる。遠くに行けすぎる。
体重は一度74kg台まで落ちたのですが今は76kg台。これは単に順調に落ちてきたのに正月太りかもしれません。
順調かもしれませんが、やはり見えてきた限界として目標は3時間台から4時間半がいいところなのではとも思っています。いわゆる下方修正ってやつです。
今、ウダウダ考えているのが、当日の服装です。
ロングタイツと長袖アンダーアーマー、Tシャツ、短パン、ネックウォーマー、帽子
どうやらコレが鉄則の様ですが、私は人一倍の寒がりなのでもう一枚何かプラスさせたい。
でも暑くなるのも嫌だ
そこでロングTシャツを着るかどうか検討しています。
この辺は個人差もあるので本当に経験がないと分からない話です。
まあそんなこんなウダウダ考えております

2015.10.07

チャリのヘルメットを購入

久しぶりにチャリでジムに行きました。

片道10km

Img_9262

井の頭通りからの代々木公園横に繋がる坂のアップダウンはかなりのトレになります。代々木上原のジムに行けばココは関係ない。代々木上原はチャリ置き場も完備している。でもやっぱりこの坂でインターバルトレしてこそのチャリ!

小出監督の言うところの「脚力」の強化として、脱距離志向として
試行錯誤のうちの一つとして悪くないはずです。

Img_9216

チャリは3.11の頃に買ったミニベロのジオス

このミニベロ、ロードバイクと言えばロードバイクですが、所詮はミニベロ。

そんなに速くありません。ガン飛ばししているママチャリに抜かれたことがあります。個人的にはクロスバイクっぽい扱いを私はしております。

今回のチャリトレの為に色々とリフレッシュさせました。

とにかく安全が大切なわけで、
先ずはタイヤを履き替えました。貧乏性の私は後輪だけ・・・・・
(買ってはいます)
色を白にした意味は特にありません。

そして電池から液体が洩れて壊れていたテールライトを購入。

売り場で「USB」で充電するタイプを見つけたので面白そうなのでこちらを購入。
今回の購入の原因というかきっかけは電池の液体漏れだったわけなので、気になりました。

Img_9261

充電機能の低下からひょっとすると、こちらの方が耐久性は低いかもしれません。
コンビニ等でバッテリーを調達できないので若干心配といえば心配。
もっとも、前のテールランプは一度もバッテリー交換をしませんでした。

さらに
ヘルメットを購入しました。
本当は10年以上前の自転車通勤時に持っていたヘルメットを引っ張りだしたのですが、あご紐が本体と結ぶフック部分だけはずれていました。

ソコだけ交換したかったのですがメーカーHPによると

「安全部分なのでバラ売りしない」とのこと。

ちょっとムッときたのですが

ネットで調べると長くても5年ほどで交換させないといけないもののようです。
あご紐にかかわらず、買い換える必要があるようでした。
自転車は本当に消耗品が多いです。いや、ゴルフに比べれば進化は緩やかかも?

ヘルメットですが
安全部分ですが、グレードの違いで安全が上がるわけではなく、通気口部分がひろがったりデザイン部分が大きいようなので、安めにしました。

Img_6256

左が10年以上経過したヘルメット右が今回購入したヘルメット

チャリ専門ブログ?ではみなさまかなりのこだわり様に、若干悩みましたが、10年使ってしまった私としては中途半端に高いものを買ってしまったら、貧乏性が出て、また長々使ってしまいそうです。
しかし、エントリーモデルでも、10年前モデルに比べると本当に軽さを感じました。

Img_6290_1古い方は353g

新しい方は

Img_6291322g

劣化として発泡剤が水分を含んで重くなったのか?
そもそもはじめから重さの違いがあるのか?

10年前ヘルメットの中からどのグレードのモノを選んだかは定かではありませんが、
結果として軽いヘルメットを使えるようになったので良しとします。

まあ、当然でしょうね。
じわじわとお金がかかってきました。
あまりに有酸素運動ネタが増えてきたので今後は
コチラで書いてみたいと思います。
ちょくちょくこちらで書いたネタも重複すると思います。
今後は、このブログではゴルフネタと無酸素運動その他にしておきます。

2015.10.01

低酸素トレーニングにチャレンジ

表参道の金ジムに低酸素トレーニングの機械があります。

Unnamed

ビニールハウスの様な透明樹脂に囲まれたブース(広さは3畳?)のなかにトレッドミルが入っています。そしてエアコンや空気清浄機のような機械があります。
以前から気にはなっていたのですが、まあ興味もないのでスルーしておりました。
個人的に表参道は金ジムとして、特別珍しいマシンがあるわけでもフリーウエイトが特別充実しているわけでもなく、単に女性会員が特別多い店舗としてしか認識しておりません。
今回は、この「低酸素」の為にわざわざ行ってみたというわけです。
通常のトレーニングとして
インクラインチェストプレス、ショルダープレス、アーノルドプレス、
アームエクステンション、腹筋
を済ませ
いざ、この低酸素トレルームに入りました。
部屋に入った途端、重たい空気・・・・・・・
という事はありませんでした。
トレッドミルは正直私が苦手なメーカーのタイプの為、若干操作に手こずりました。
色々考えたのですが、インターバルトレーニングとかではなく、普通に制限いっぱいの30分間、やや早めのピッチの時速11km/h程で走りました。
壁で囲われているので空気がこもるのか?低酸素マシーンで空気が薄いのか?
普段より汗は多く出たように感じます。
そして終って部屋を出ると、とても涼しく感じました。
走っている最中、若干「臭い」を感じました。前の人の体臭でしょうか?
あまりいい気持ちの話ではありませんね。
高度2800mの高地トレと同様の効果ということですが、正直あまり効果は感じませんでした。体感するものではないのかもしれません。
普段表参道には来ないですが、また来た時はやるかもしれませんが、これ目当てに表参道に来ることはないと思います。

2015.09.28

表参道でインターバルトレーニング

ゴールドジム原宿でトレをして、途中ランニングの為に外に出ることは前々からおこなっております。

が、もう単に朝の都心部観光ランニングから「東京マラソンに向けたトレーニングラン」に切り替えてみました。
ジムの前の表参道の通りは一直線のゆるやかな坂になっております。
この坂を往復すれば、前回のトレッドミルのインターバルトレーニングのような効果になるのでは?と思ったのです。
日頃走っている自宅側はほとんど坂はないため、実際のマラソンコースの際、慣れない坂に苦労することは予想付きます。
また
電信柱ごとにダッシュと歩きを繰り返すインターバルトレに比べ、スパンは長いし、帰りの下りはかなり気持ちいい。短距離走のようなダッシュとは違うのもマラソン向けっぽい気がします。
もちろん、こんなトレは早朝の5〜7時にしかできない話です。
東京の中でも有数の繁華街ですから十分観光ランなわけです。

Img_9162

やってみた結果なのですが

Img_9188

ほぼ30分5ほぼ5km

ちょっと坂の傾斜が物足りない。そして坂部分はちょうど表参道ヒルズ前辺だけで
原宿の交差点の方はむしろ逆に登る。
イメージしていたのは表参道ヒルズ側の坂だったので、交番前の歩道橋で折り返すことにしました。

Img_9185

ペースやら標高(エレベーション)がギザギザになっているので、ある程度推察出来ると思います。

Img_9187

歩数もこの通り。

下り坂で早くなるのでペースは早めになります。

感想は
トレッドミルのほうが、キチンと負荷をかけられるのでトレーニングにはなる。
しかし、楽しさやモチベーションとしてこの表参道トレも否定出来ない。

改善点として
コースを、この歩道橋折り返しにするのではなく
明治神宮前の横断歩道までにすれば、また違う角度の上り坂を入れることが出来るのではないかな?と思いました。やっぱり歩道橋で階段を登るのは面白みに欠けるのです。

多分明治神宮交差点(神宮橋交差点)から青山通り(表参道交差点)までで約1kmだと思います。
「1kmの中に上りと下りがあり、一直線で走れる場所」
そう考えると結構貴重な場所なのかもしれません。

また早朝に原宿のジムに行く際はチャレンジしたいと思います。

最近ナイキプラスと一緒にランキーパーも使っています。
こちらの方が今回のようにデータが多い。そして私の回りで使っている人も多いです。しばらく併用してみます。

2015.09.26

インターバルトレーニングやってみた

さっそく

前回記載したトレッドミルによるインターバルトレーニングをやってみました。
インクラインベンチプレス
サイドレイズ
アームカール
アームエクステンション
腹筋
からの
トレッドミル30分インターバルトレーニング

Img_9159

スゲーキツかった。
まだ負荷の度合いが分からず、機械の設定のままやったら
時速18kmにまで上がった。
流石に耐えられず、14.8km/hにまで落とした。
それでもキツい。

30分だけど、これほど汗をかいたトレッドミルははじめてでした。
東京マラソンを意識したトレを始めてからも、この汗、この疲労ははじめてです。

なるほど、小出監督のおっしゃる脚の負荷とはこういう事なのかもしれません。

トレッドミルって今まで7km/h程度でダラダラ走るだけの汗かきロボとしてしか使っていませんでしたが、こんなヘビーなトレマシーンだったとは知りませんでした。

負荷の度合い、時間の管理など
トレッドミルという機械にお任せするのはとても合理的でよいと思いました。
川沿いの遊歩道や路上で、このインターバルをやるとなると時間の管理といい負荷の度合いといい、本人の「意識」という一番適当野郎の天敵にお任せするしかないわけですから。

今後、月10回行くノルマにしているジムに行ったときは
他の種目を一部位一緒目抜いて、この「トレッドミルのインターバル」をやる事にします。

逆に屋外を走る時はスピードを気にせず、距離に徹します。

2015.09.25

トレッドミルどうするか?

前回のエントリーでトレッドミルについてすこし書きましたが、

早々に変更します。
こんな本をよみました。

Img_9157_2

kindleバージョンです。面倒なのでリンクは付けておりません。

各所のブログやらサイトの情報だけでなく、やっぱりある程度有料情報も必要だと思いました。その中で唯一知っている人の書籍だからコレにしました。

あとアマゾンレビューで一部引用している部分があり、そこに興味を持ちました。
その部分を引用させてもらうと(引用の引用?)

毎日5km、または毎日1時間走っている人でもフルマラソン出場時
30km付近で立ち止まり、あるいは座り込んでしまうそうです。
それはトレーニングに負荷が伴っておらず、脚が作られていないからだと小出監督は言います。

なんだか自分のケース丸出し・・・・
というより、普段の自分の内容を提出して先回りして結果を言われたようなすら感じました。
私の有酸素運動は所詮格闘技の試合前の減量用の脂肪燃焼の為のジョギングの延長に過ぎなかったのです。

ジョギング≠マラソン
これはスピードだけの話ではなく、やはり専門の知識や訓練が必要な様です。
そこで
週2~3回のジムワークの機会に機械による小出監督のいう「脚を作る」プログラムを30分やることにしました。
トレッドミルでも、通常私は「マニュアルモード」でダラダラと走っていました。
そしてランダムモードや凸凹に負荷が掛かるモード設定が不思議でしょうがありませんでした。
なぜ、そんな面倒なモードが用意されているんだ?誰が使うの?ってね。
あまり書籍の内容の紹介をしてしまうと失礼なのでしませんが、つまりはこういう「負荷をかけるインターバルトレーニングの必要性をマラソンにも取り入れているよ」という事の様です。
「タバタ式」
を思い出しました。
多分大まかには共通していることだと思います。
しかしとりあえず、私は、東京マラソンまでの間は準備や知識やハウツーは小出監督の本だけを信じてみることにします。
フォト

ツイッター


マイゴルフセッティング

  • マイゴルフセッティング

    20161126_210928

    1w:テーラーメイド/SLDR/S

    3w:テーラーメイド/Vスチール/アルディラ/NV8S

    5w:テーラーメイド/Vスチール/NS950R

    4I-PW:タイトリスト/660/DGSLS300S

    52:アキラ/652/DG200S

    58:アキラ/ツアー/DG200S

    PT:オデッセイ/#5CS/34

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

楽天