2017年購入リスト


  • 腹筋ローラーはこのタイヤの小さいタイプの方がお勧めです。グリップもしっかりしているし、転がりもいい気がします。

  • GARMIN GPS スマートウォッチVIVOACTIVE J HR
    最強ウエアラブル、最強GPS

購入したモノ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013.01.31

キヤノン430Fその2

今まで使っていた愛機は
IMG_7059.jpg
IXYデジタル80メーカーサイト
80という数値が付いていますが600万画像
レンズ回りの装飾が往年の二眼レフカメラのキャノネット1961_net.jpg
みたいだぜって思って購入した記憶があります。
現状、問題点としてはSDカードが旧規格の2Gまでしか認識しないことと
IMG_7060.jpg
落下して傷が付いていることぐらいです。
普通に使う分では問題はありません。
もっとも、iPhoneのカメラ機能が上がったため、ほとんど使っていませんでした。
子供の記録は出来るだけいい画像で残したいものです。

しかし、やっぱりiPhoneは基本電話なのでカメラとして使うと電池やメモリやらが気になります。
やはりスキャナ同様専門機が必要なのです。

Wi-Fiで飛ばせるなら、メモリ数はさほど気にならないかな?
とかなんとか思いながら、購入した訳です


色はピンク!
iphone/image-20130203223309.png
ちょっと家の照明から分りにくいですが、ピンクです。
この色をチョイスしたのは
俺のモノ遊び色を薄くして、家族の為のモノっぽくさせる為です。
購入方法も、妻に楽天で買ってもらいました。発生するポイントやらもどうぞお貯め下さいってね。
だんだん私も上手くなってきたかな?

さて
さて
次回は使い勝手についてやらをかいてみたいと思います。

2013.01.30

キヤノン430F

家のコンパクトデジカメが古くなったので購入することにしました。
調べてみると大変なことがわかってきました。
600万画像なんて「ヘ」なレベルであることは想像していましたが
多大なる進化をしていることがわかりました。
Wi-Fiで自ら電波を飛ばして接続するってすげーです。
しかもお値段14000円程度。
もうびっくり仰天
こりゃあ
もう
買うしかないぜ!
ってわけで
購入しました。
取り急ぎ報告です。
前回のエントリーで、コートを買うことを書くと書きましたが、

image-20130203223309.png
とりあえずかっちゃったんで、えへへ
次回からは、しばらくこのデジカメについて書くことにします。

おしゃれ番長!

おしゃれになりたいんです。
でも
基本的にそういう素質がないとおもっています。
なにより、服が捨てられないんです。
特にコートなどの類は耐久性があるために、なかなか踏ん切りつかない。
買う時は「長く使うから」なんてセルフ言い訳を言うのも原因かな?
先日
image-20130130062623.png
このLLBeanのジャンパーを捨てました。
定番というか、流行もなにもないジャンパー
どこか引っ掛けたり、変色したわけじゃあない
買った当初から流行と関係ない処にいるわけです
なので、捨てるつもりはなかった
しかし
image-20130130063020.png
写真ではわかりにくいですが、
裾になるウエスト部分のがバカになって、ジャンパーなのにコートの様に広がるというか、
だらしない状態になってしまいました。
きている本人はあまり気がつかないのですが、それでも、なんかデカくなった様な気がしていました。
妻に指摘されて、踏ん切りがやっとついたので、冬シーズン途中ですが捨てることができました。

さて
どうしようか?
コート
スーツ用じゃない用コート問題が突如浮上したわけです。セールもあるんで一気に楽しくなってきました。
文具シリーズがつづいていましたが、これからしばらくはコート問題が続くと思います。

2013.01.29

DR-C125

DR-C125を購入しました。
IMG_7049.jpg
今まで自炊の時に使っていたスキャナーは
「C2030F」

って普通こういう時自炊マニアたちは富士通の「ScanSnap1500」


との比較とかになるんでしょう。
しかし、私が使っていた2030っていうのは私のブログではここで登場
これね
IMG_5271.jpg
だからコイツとの比較になります。
このC2030Fっていうのは
カラーコピー+FAX+スキャナーの複合機です。ちなみに両方ともキヤノンです。
このスキャナー機能でも吸い込み式?で両面スキャンできます。
そうやって約20冊ほどやって来た訳ですが
正直疲れてしまったのです。
なににって、この両面スキャンって一度紙をひっくり返して再度読み込む方式なのです。
だから紙つまりリスクが高い訳です。
ただでさえ、裁断は一番簡単でやすい指詰めテコ方式で完全ではない訳なのに。
さらに、新書サイズはほぼ確実に失敗します。
紙詰り以外にも、読み込む場所を間違えて、偏りしている状態になります。
スクリーンショット(2013-01-29 9.04.52).png
↑こんな感じが500ページby1時間かけてスキャン↑
やっとの思いで、紙づまりせずに読み込んだと思ってPCから覗くと、このロンパル状態のデータが大量に鎮座しているって事が頻繁にありました。
あとオンラインでキヤノンの人に管理されているから、「どうしました?電話」かかかってくる。
これがウルサい。丁寧なサービスなんだろうけどね
結局
A5サイズのハードカバーだけならなんとか出来る程度の認識になっていました。

さて、前置きが長くなりましたが
IMG_7049.jpg
コイツね。
上記状態なので、普通に両面同時にスキャンして完了する様に感動しちゃう訳です。
新書も文庫も普通に読んでホイホイほいって上がっちゃう訳で
まあ、この辺は当然の機能なのでしょう。

しかし、余所のブログにも記載されている事ですが
長尺モノが苦手です。
カバーを読み込む時は
添付されていたプログラムの細かい設定をわざわざ変更する必要があります。
あと
「おまかせモード」でやると簡単なのですが、データが重過ぎます。
基本設定が解像度200dpiで、新書で30MBほどになります(フルカラーのカバー込)
iPadが16Gと最弱モデルなのでココは気になります。150dpiに落としても読む上では全く問題ないので私はわざわざ落としています。しかしそれではボタン一つでの操作ではなくなり、ちょっと面倒です。
自炊用スキャナーとしては当然の機能かもしれませんが
空白のページを飛ばしてくれるのは嬉しいです。
2030の苦手としていた用紙サイズ設定は完全自動で一度もミスがありません。紙づまりもありません
まったく、いままでの苦労はなんだったんだ32000円ほどでしたが、私の労力を金額換算するとたいした事無いですが、金出して得した感すら感じます。
やっぱり総合してある機能より専門に特化している方がすぐれているって当然のことなんでしょう。


これは高い。
 CANON imageFORMULA DR-C125

 CANON imageFORMULA DR-C125
価格:31,280円(税込、送料別)


このぐらいの金額で買える。この値段の開きはなんでだろうな?


複合機のオマケ機能のスキャナーで自炊をしている方には是非専門機がお勧めです。

2013.01.25

雪道を進め!

1月14日の大雪で
やっと購入したスタッドレスタイヤとスバルレガシィ3.6Rの性能を堪能できる機会となりました。
IMG_6933.jpg
IMG_6925.jpg
無駄に外出しました。
世田谷〜調布エリアは9時頃から雪になりはじめ、12時頃にはすっかりつもっていました。
街にはノーマルタイヤでうろついていた車が往生しているケースが多く目につきました。
朝からつもっていればもう少し状況は違ったのかもしれません。
ですから、こちらがブイブイ走っていても、突っ込まれる危険もあるのでやはり無駄な外出は避けるべきなのかもしれません。
理屈はそうなんでしょう。
でもやっぱり走りたい訳です。
IMG_6725.jpg
スタッドレスタイヤ×四駆なんですから
こちらは最強気分ですが、時々アイスバーンに滑る感触もありました。
もちろん、これが普通の車だったら惨事になっていた可能性もある訳です。
まあ、過信し過ぎない程度にしないといけませんね。
無駄な外出は一応、サーティーワンにアイスクリームを買いに行く
という目的だったのですが
この雪で客足がないとの事で早々にクローズされてしまい
本当に無駄足になったという落ちでした。

2013.01.19

オールマイティーノートへの道5

つまり
image-20130119202136.png

RHODIAのノート
本当にカッコついているかはわかりませんが、そう思っているんだからしょうがない。
このゴム付きってなんか特別感そそります。表紙の合成革のこの色を見るだけでウキウキします。
表紙を開けると
image-20130119202652.png
写真ではわかりませんが、ドットです。
方眼よりドットの方がいいかもしれない。
紙質は定評がありますが、特別の中の特別ってほどではないけど、まあツルツルでいいです。

つかい方:オールマイティーノート
社内外の打ち合わせから、講義メモすべてコレです。
人前にでるモノなのでやはりちょっとはカッコつけたものいい。
そんなこんなが1250円出費の正当性をもたす理屈です。
しかし、3日連続の講義と社内会議×2で早くも2割ぐらいページをつかってしまい先先ちょっと心配です。
でコッチがメモ帳+純正カバー
IMG_6951.jpg

<メモ帳>
「メモるのが楽しくなる」
「ちょっとカッコ付いてんじゃあないのかな?」なんておもっちゃう
まあ、便利なのですが、その中でもちょっとひっかかった部分を書くと
「ペンが欲しい」
ペンホルダーが付いていないので、やはり持ち歩きには、絶えずペンがあるかの心配があります。
予備のため、ゴルフのスコア記入用のペンを挟んでおくかな?
このオレンジ色にこだわらないようであれば、ペンホルダー付きの革のケースを考えてもいいのかもしれません。


これなら色もあっていいのかも。ただ、革製品は実際に手に取って選びたい気もします。
1週間使ってみての感想は
やっぱりペンホルダーが欲しいです。
先々の検討課題かもしれません

2013.01.17

オールマイティーノートへの道4

去年は「ほぼ日手帳」をトレーニングメモに使っていました。
元々手帳なので、日を入れる必要がない。
1日1ページだから書くスペースは沢山。
一ヶ月振り返って頻度もわかりやすい。
とか色々悪くなかったのですが、やはり手帳を買うって面倒。なにより高い。
あとなんかうるセー事色々書いてあるんです。
「なんかいい話」みたいなやつ。

今年から、ジムでのトレーニングメモに某社から頂いた手帳を使っておりました。
能率手帳セレクトです


タダだし、日付を入れる必要ないって部分でこれにした訳です。
まあいいかなっておもって使いはじめたのですが、
やっぱり書ききれません。
もっとも週5トレできているわけでないので、ちょうどいい感もしますが、やはり物足りない。

もちろん
かっこよさと、もう少し利便性が欲しいところです。

まあ、そんないろいろがあったでが、トレーニングメモに関しては
iphone/image-20130108074103.png

コイツこそ適任
っておもっています。方眼だし、タイトルも日付も書けます。
オールマイティーノートと
ここで言ってきましたが、トレーニングメモだけははじめから独立して考えていました。
トレバックに入れっぱなしにできますからね。
普通に
悪くないです。

打ち合わせノート
「自分の体との打ち合わせ」ということにしておきましょう

2013.01.16

オールマイティーノートへの道3

散々前振りをしましたが
結局の処
コイツを買った訳です
RHODIA
iphone/image-20130119202136.png

結局それかよ!
っていうより
実は
一緒に買いました。
IMG_6947.jpg
えへへ
でも
こちらは方眼ではなくドットです。
店頭で展示されていたサンプルは合成革がちょっとくすんでいましたが、ルーズリーフと違いページを使い切ると強制更新させられるので、永久的な耐久性は不要と判断しました。
このノートが歳月重ねて#1(H25/1〜@)#2(〜)って続いていたらカッコいいし定番感と安心感やら行き着いた感があるようなきがするのです。
実際定番ってやつは、世の人類の経験の結集でもあるわけです。
今年から、とりあえず全てのメモは
IMG_6951.jpg
これを持ち歩き、咄嗟のメモはコイツで書きとめてエバーノートにアップして
会議や講義は
IMG_6948.jpg
これに記録。

そんなこんなを考えて、購入に至りました。
なによりお洒落感があるので気に入っているのも事実です。


お勧めです

オールマイティーノートへの道2

昨年
無印のこのゴム留め付きのノートに出会いました。

写真(2013-01-16 22.06).jpg
上記リンクでは400円ですが、h24年4月は420円でした。
「ゴム留め」「さらさら紙」「カバー固い」「ドット」という条件と
MacとiPhoneのiCalとグーグルカレンダーの同期でスケジューラーがいらない条件
などから、このノート最強!
って思い、さらには受講するセミナー類一式全てここにぶっ込んでいました。
すると、日記の様に時系列に引き出せることの利便性がありました。
しかし、420円ってちょっと普通の大学ノートと比べると高い。あと表紙が黒いのでタイトルがかけない。
まあ、そんなこんあありましたが、本人的には結構満足していました。
使い切って、無印だからファミマに行けばあるって思っていたら、コレはない。
で、妥協して一見似ている
こんなノートを購入。95円。確かに安いですが普通のノート。
横線だし、ゴム留めもないし、表紙も固い訳ではない。むしろ黒いからタイトルなどやっぱりかけない。でも確かにどんなに小さいファミマでも売っている。
コイツを2冊続けました。

h25年。さてどうする?
あのナカバヤシの
iphone/image-20130108074103.png
これもいいんだけど、やっぱりお洒落感としては0パーセントは否めない。

おさらいすると
1ゴム留めってノートでも手帳感あるからエライ
2ドットとか方眼ってスゲー書き安い
3おしゃれな方がいいね
4定番感も欲しいね
5どこでも買えるほうがいいね
6紙もサラサラがいいね
自分の好みが大分出揃ってきました。
そんなこんなで出会ったノートを次回紹介します。

オールマイティーノートへの道1

中学生の頃
友人が理科でノートを提出することがあって
その先生から怒られていました。
するとその友人は
「僕のはオールマイティーノートなんです」
と答えていました。
彼曰く、普通の大学ノートなのですが、教科を分けずすべての科目を同じノートに書いていたのです。
ですからノート提出をしちゃうと、次の授業からノートナシになってしまうので先生に相談をしたら怒られてたというのがことの顛末でした。
当時、勉強のできる輩ではなかったのでゲラゲラ笑ったのですが
いま
実はわたしはこの「オールマイティーノート」を目指しています。
上記事情でしたら一般的にはルーズリーフでいいのかもしれません。
でもだめなんです。
結局ルーズリーフではすべてがルーズにどこかにいってしまったり
逆に過去の保存がどこまでどこに持っていくか?とかウダウダ色々考えた挙句
中途半端になってしまうのです。
システム手帳なんてやつは結局システムダウンしてしまうのです。
もちろん、現状「ノート提出」なんてイベントもないわけで
それだったら、一冊に違うジャンルでもぶっこんでおけば、時系列に引っ張りだせればむしろ便利。
ルーズリーフのように、その時の感覚で中途半端に整理してしまったゆえにどこに何が?ってなるより
なにより絶対的な時系列で整列している方が分かりやすい、探せやすい。
手帳にスケジューラー機能が不要になった事も大きいです。
20年前ゲラゲラと笑ったオールマイティーノートこそ、実は究極の「ノート」の姿だった!
そんな確信すら感じております。
だいたい
「ノート」ってそういう意味ですよね。

理想としては
定番商品に巡り会い、10年このノートで年代別に出せばその時の仕事や記述が即出せる
っていう本棚が理想なのです。
実際のところ10年迷走を続けているので、はっきりって10年遡れないんですけどね。
同時にこの迷走が楽しいのも事実なのですが、そろそろいい加減この
手帳問題にも決着を付けたいとおもっていました。
色々書きましたそんなウダウダを下地にした結果
昨年購入して使っていたメモ帳やらを次回から書いて見ます。

RHODIA01

ショットノートで
手のひらサイズメモ帳の良さに気づく
という普通の人と逆の方向性で
すっかりアーダのコーダはまっております。

いずれにしても
方眼でちびサイズですらすらとりあえず書いて、エバーノートにアップして破って捨てる。
この合理性を感じました。
ならば「ショットノート」である必要がないわけです。
さらに言えば、ショットノートのアプリで
「傾きを補正する機能」っていうのが、絵を描けない自分には不要だし
四隅の「」「」に合せるのが面倒でウルサい。
それになりより
なんかどうもこのショットノートのデザインが気に食わないんです。
どこか童貞臭いというか、boxyボールペンのようなダサさを感じてしまうんです。


<完全な偏見。私の中学時代に流行っていただけです>
やっぱりノートや手帳は身に付けるものだから、シャレオツ感ださんとイカンのです。
そこで
コイツに手を出す事にしました。

RHODIA
まあ、別に高いモノでもないし、新しいモノでもない。
普通はロディアを使っていたけどiPhoneを使いはじめてショットノートに流れるケースが多いのかもしれません。
でもこのオレンジ色がなんか文具の中にあるとちょっとウキウキ感が出てくる気がします。
売り場で
コイツには専用のカバーも色々ある様でした。ブランドやファッション性にも引かれているので、こういう時は、素直に純正がいいはず。ってことで
IMG_6950.jpg
カバー付き、いやrohdia付き?を購入。
IMG_6954.jpg
ショットノートに比べるとちょっと小さい。
色々サイトを見ると、紙の質が良いとかミシン目が素晴らしいなど持ち上げた文を読んだが、はっきりいってその辺はショットノートに比べると普通。確かに悪くもない。
強いて言うなら、青っぽい線の方がおれ好みです。

利便性とお洒落感の両立、最高って事です。
意気揚々とメモをしていると思います。

2013.01.14

iPadで映画

日々iPadでどんな活用方法があるのか色々研究というか妄想というか
うだうだしているわけですが、
iTunesで映画をダウンロードして鑑賞する方法に結構最近はまっています。
今の時代、映画なんて新作でないなら一週間100円でTSUTAYAでかりれる時代です。
iTunesの場合、
1、作品数が少ない
2、高い
3、tvの大きな画面で見れない
と条件悪すぎます。
にも関わらず、
グラントリノ[>]1000円で購入
コレでダウンロードの簡単さにすげー驚きました。
でも購入したそのデータって16Gしかない私のiPadには重たすぎるから結局Macにおいておくしかないわけで
それならレンタルで48時間でも十分かとも思いました。
そこで
2回目はインセプションを300円でレンタルしました。
複雑な話なので2度みました。それでもじゅうぶん見れました。
大画面で見るのもいいですが、Padで集中して観るのもまた違った良さも感じました。
そして次に見たのがマトリックス
今更感丸出しです。これを不思議と見ていませんでした。機会を逃していたのです。
でも、インセプション同様、じっくり繰り返してみるには最適でした。
image-20130112052716.png
そして、今晩見たのが
image-20130112052800.png
ファミリーツリー
これも見逃していた作品でした。
久しぶりにぐっと心にしみ、ちょっと自分の成長に影響を及ぼす映画にであうことができました。

最近どうもtvの電源を入れるのが億劫というか敷居を感じていました。
普段からそのぐらいtv離れが進んでいます。
iPadでこうやって映画を鑑賞できるって本当に便利で、そして機会が広がったとおもいました。
Apple TVを買えばtvにも映せるはずです。
いずれにしても、
数百円の差ですが、このiPadでダウンロードでの映画鑑賞はしばらく続けたいと思います。
逆にDVDで借りたのをiPadで鑑賞するってどうやるんだろうかな?

2013.01.12

ショットノート2

IMG_6898.jpg
なるほど
持ち歩くのには負担が一切ありません。ポケットに入れている事すら忘れてしまいます。
スケジュールはiPhoneに任せているので、メモをするにはコのサイズが一番いいです。
今まで
「スケジュル+メモ」コレをバイブルサイズのシステム手帳に始まり
某企業手帳→ほぼ日手帳など紆余曲折して来た訳ですが
iPhone+グーグルカレンダーの同期でスケジューラーが不要になった。
こんどはiPhoneでメモもしていたんだけど、これは逆に入力が面倒。
メモもPCやらクラウドに同期できて便利なんだけど、入力でiPhoneいじっているとメールやゲームやっているみたいだし、そもそも入力は今だになれていない。
ボイスメモって手もあるんだろうけど、なんか後から自分の声聞くって密かに恥ずかしい。
なにより、録音している姿も小っ恥ずかしい。

しかし
このショットノートって別に手のひらサイズメモでエバーノートで写メすればいいだけの話じゃねーの?
なんて本末転倒とまでいかないけど疑問がでました。
一応最大の機能として四隅の「 」カギカッコを写すと、斜めに移したのに真っ正面に写して歪みがないように補正してくれる。
実験してみました。
↓iPhoneの普通のカメラで撮影
IMG_6911.jpg
↓ショットノートのアプリで撮影
IMG_6912.jpg
iPhoneの角度などはほぼ同じです。
なるほどショットノートでなくっちゃあダメ。

な、はずなんですけど
私、基本メモに絵書かないです。
いや、かけないんです。
メーカーサイトを見てもなるほどスケッチがよく出てくる訳です。
さらさらって↓メーカーサイト
スクリーンショット(2013-01-12 10.09.18).png
こうやってかける人がその絵のデジタル化にはマストアイテムなのかもしれません。
マニュアルやらなんだかクリエーターっぽい人のブログなどのお勧め記事だと
やたら「絵」が出てくる意味が分かりました。
私は〜〜〜〜〜IMG_6909.jpg
「なんか書いてみる」ってこんなの書いちゃうボンヤリ野郎な訳です。
こんな絵に歪みもクソもあるわけない。

しかし、絵がかける人側の人たちは「写メしてメモを保存すると歪みきになるよね」
ってニーズがあったんでしょうね。

私は


ナカバヤシの方向性の方がいいのかもしれません。

絵がかける人、絵を書く人には↓がお勧めです。


いずれにしても
手書きメモの再認識、手帳にスケジュールはいらない事の発見など
色々あったので◯とします。

2013.01.11

ショットノート1

前回まで説明していた
iphone/image-20130108074103.png
これ、とても便利で使いやすいのですが、
やはりちょっとスーツの内ポケットには入れるのが面倒い
ブリーフケースやらに入れておき、打ち合わせやら会議用とすることにしました。
ならば
メモ帳で小さくて、スケジュール無し、ドット、そしてなにかネタ的な要素があれば〜
なんてぼんやり文具店に向かいました。
前回の「ナカバヤシ」というメーカーにちょっと親近感というか親しみを感じていたので


こんなもの見つけました。上記条件からするとそのままフィットします。
しかし
ちょっとこれではなにか面白くない。
とかなんとか100円の出費にウダウダ考えていた訳ですが
それならコイツに手を出してみようと思いました。

前々からその存在は知っていたのですが、なんか手が出なかったショットノート。
「意気込んで買ってもどうせ使わなくなりそう」
ってだけの理由です。
もう今さら感もありますが、それならそれなりに色々不具合も改善されたりグッズも開発されたりしているのかもしれません。
iPhoneとの連携やらが上手くいかなくても、今メモ帳を求めている事にはかわりない訳ですから。
って訳で購入しました。
しばらくコイツで色々遊んでみます。
IMG_6898.jpg

2013.01.09

「打ち合わせノート」はなるほど便利かもしれない

iphone/image-20130108074103.png


この
ニューカマーを引っさげて、初仕事に挑んだ訳です。
なるほど使いやすい
iphone/image-20130108074402.png
線も単なるドットではなく、横線が強いのも嬉しい。
あと
売り場で確認したかったんだけど出来なかった部分として
スーツの内ポケットに入るか?
この「A5スリム」というサイズは微妙、ギリで入ります。
手帳ではなく基本的にはノートの為薄いことが功を奏しているのかもしれません。
なぜ、売り場で確認出来なかったかというと
レジ前に内ポケットに入れてサイズを確認したらほぼ100%万引犯と間違われますからね。
あと
背のリングが二分割されています。
何気ない事ですが、このおかげで書いているとき手に当たりません。
使いはじめて間もないので、耐久性については分りませんが、とりあえず好印象です。

用途としては
普段から携帯して「思いつき記録」「打ち合わせメモ」「会議準備」「会議議事録下書き」などに
利用したいと考えています。
会議中、iPhoneやiPadでメモしていると「ゲームやメールやってんか?」なんて思われたら嫌だな
なんて
考えちゃうんですよ。だからやっぱり手書きがいいとおもうオヤジなオレです。

もう一冊購入して
今年のトレーニング記録にもこのノートがいいのかもしれません。
トレの時は完全に手書きじゃあないとダメです。
iPhoneだと盗撮やら写真撮っている様におもわれたら嫌だし、なにより盗難など物騒です。


おすすめです。

2013.01.08

今年の手帳

例年手帳問題が1月発生するわけですが
最近、スケジュールはiPhoneのカレンダーをGoogleのカレンダーとのシンクロ
で間に合っております。
結局「ほぼ日手帳」もつかわなくなってしまいました。
ならば
一切その手のものは不要といえばそれまでですが、
やはり手書きのメモも必要
ってことで、こんなものを購入しました
image-20130108074103.png
打ち合わせノート。
最近、打ち合わせが増えたので、特化してみました。
タレントがちょっとムダというかうるさいってのですが、なんかそういう流行りもいいのかもと素直に思うことにしました。
内容は

image-20130108074402.png
ドットの使い勝手にはもうやみつきになっているので、ココは外せません。
image-20130108074430.png
この辺のタイトルやらもなんかそそります。

打ち合わせでは
自分が主催している事が多く
事前メモの必要性も感じていました。
仕事のモチベーションはやはり文具から伸びるです!

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

フォト

ツイッター


マイゴルフセッティング

  • マイゴルフセッティング

    20161126_210928

    1w:テーラーメイド/SLDR/S

    3w:テーラーメイド/Vスチール/アルディラ/NV8S

    5w:テーラーメイド/Vスチール/NS950R

    4I-PW:タイトリスト/660/DGSLS300S

    52:アキラ/652/DG200S

    58:アキラ/ツアー/DG200S

    PT:オデッセイ/#5CS/34

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

楽天