2017年購入リスト


  • 腹筋ローラーはこのタイヤの小さいタイプの方がお勧めです。グリップもしっかりしているし、転がりもいい気がします。

  • GARMIN GPS スマートウォッチVIVOACTIVE J HR
    最強ウエアラブル、最強GPS

購入したモノ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011.11.27

キャディーバックのタオル

「キャディーバックにタオルがぶら下がっているのが上級者」
そんな根拠もない俗説を信じているオレ

確かに幾つかのキャディーブログでそんな話を読んだ事があります。
なぜ俗説かというと
「おれのキャディーバックにもタオルがぶら下がっているから」
話がループしそうなのでこの辺で止めておきます

タオルについて


多分これと同じモノを使っています。
しかしこのキャディーバックに引っ掛けたタオルって
クラブを拭くため?顔やら体を拭くため?
私は裏表で使い分けています。表が体用で裏がクラブ用
だから

この片面防水加工のタイプでは(私は)ダメなんです。

最近、くっ付けるストラップ部分が切れてしまいました。
IMG_3309.JPG
しょうがないのでカラビナに引っ掛けています
IMG_3310.JPG
外しやすいので実はこちらの方が使い勝手が良い気もします。
ラウンド中はこの様に引っ掛けておいて、移動中はアイアンに巻いてアイアンカバー代わりにしています。これはそうしているプロを見てマネしているだけです。

今回楽天で調べると、結構この分野も探すと色々あるんですね


ボーケイとかキャメロンとかちょっとひねるのもカッコいいっす

キャメロンってどうもキャバクラっぽく感じるのは私の偏見。
特にアノ犬ロゴがちょっとね。いかにも可愛いロゴで女子供にすり寄っている感がたまらないぜ。
おっと失敬、全世界のキャメロンファンを敵に回す失言。とりあえず↑の配色じゃあなくってもうちょっと地味目の方が私は好きです。ハイ

個人的には
「タオル」本来の機能を優先して


ブランドよりクオリティーを優先してオリジナル刺繍をデカデカ
じゃあ、何を刺繍する?自分の名前はプロでもあるまいし恥ずかしい。
「ガッツ凡庸golfeR!」?

高いものでもないし、ちょっと気が乗ってきたのですが、
これでは裏表使い分けがしにくそうです。
まあ、とりあえず今のままという結論に行き着きました。

2011.11.26

小物を買った

近所のジョージースに行って
購入したのはキーホルダーワイヤー105円。

IMG_3305.JPG(下の新聞は関係ありません)

IMG_3306.JPG
こんな感じでライン引きやらチンカップやらマジックをまとめてみました。

行きつけの練習場に来る「いかにもジュニアの大会に百戦錬磨の高校生」がバックにコレのもっとマジックが沢山ついた束をじゃらじゃらさせていました。
私は大人なんで
「きっとああやる事が彼ら世界ではカッコいいことなんだろうな」
なんて思う訳です。
実際の処、プラスチックのライン引きやマジックのキャップなど外側にじゃらじゃらさせていたら破損したり紛失したりする事が想像されます。
でも、確かにラインを引く時一式がまとまっていれば便利なのも事実でしょう。
そう考えるとちょっとマネしたい。

そこで
以前GPSを繋げる為に買った100円ショップの「ノビノビ」で繋げて
IMG_3308.JPG
こんな感じにしてみました。
通常はポケットの中に収納出来ます。

本人は意気揚々としたんですが、楽天で↓を見つけてしまいました。


マジックとワイヤー目当てでコレを買った方が良かったのかもしれません。
まあ、よくある話です。

2011.11.25

シーズン終了

弊社主催のコンペは例年11月の第四金曜に開催する。
とりあえず、このコンペを持って私のゴルフシーズンは終了します。
さて
そんなコンペのゴルフは
場所は武蔵の笹井でした。

前半は43
→ドライバー
IMG_3258.jpg(アッタス3)
は初ですから慎重に
そして
偶然バンカーからのチップインバーディーをしました(ならしていて見ていませんでした)
そんな運は前半で終了して
後半は50
IMG_3304.jpg
パターが入らない→ドライバーもだめ
というアリガチな負の連鎖でした。
この辺のコントロールも課題かもしれません。

ドライバーは飛距離的には特別飛んでいたとは言えませんが、左の引っかけはなかったのでいいと思います。
今意識している「左右肘の距離をキープ」「右肘を意識」「インパクト後から右手を使う」
この辺のスイングが完成すればもう少し落ち着いてプレーが出来る様な気がします。

ボールは今回タイトリストProv1使いました。

早いグリーンのコースではコチラを使いたくなります。
今回もグリーンは10fと公表していたけど10.5ぐらいに感じる程激難しかった。


コンペの景品でゼクシオXDというボールが1ダース当たってしまいました。

ちょっと前までなら使わなかったのですが、そしてヤフオクも考えたのですが、
しばらく「適当ラウンド」用ボールとして使う事にします。
IMG_3311.JPG

今回のコンペでとりあえず、今シーズンのコンペは終了です。
これからはがっつりトレーニングに励みます。そしてスイング矯正もやらんとね!

2011.11.24

明細

最近ジムでトレッドミル(ベルトコンベアを走る機械)を駆使しています。
以前書いたのですが詳しく書いてみます。
ジムにあるトレッドミルの機種はよく分りませんが、

多分コレ

数センサー(受信)がついているものを使っています。通常グリップで心拍数を計測しますが、そんなもの握っていられない。
そこで
ポラールの心拍数センサーを胸に巻きます。


そしてトレッドミルの「ファットバーンモード」にします。
スピード設定は5km/h
37歳の心拍数のファットバーンゾーンは119とのことなので、心拍数がこの前後になる様に機械が勝手に傾斜を付けてくれます。もちろんスピードで心拍数をコントロールする事も出来ますが、トレッドミルはベルトが回るので足を前に出す運動を意図的にするためには傾斜を付けた方がいいと聞いた事があるのでこのようにしています。基本的には5度前後の傾斜になっています。
そして、加圧ベルトを足に巻きます。
連続着用は20分とのことなので、20分加圧→20分緩めて→20分加圧再としています。
加圧は基本低負荷運動がよいとのことなので傾斜のジョギングはいいと思うのですが、ネットで調べても「加圧、スクワット」は事例やらメニューやらがわんさか出てきますが、「加圧、巻いて、ジョギング」は出てきません。
加圧単体として考えた場合、このメニューの効果は分りませんが、ファットバーンモードで60分、そのうちファットバーンゾーンは55分程度もやるわけなので効果がでない訳がない。
→効果は出ています。
どんなに「どか食い」してもこのトレッドミルを週2回やっていると体重は維持出来ています。
週3回以上にすれば現状維持から減量側にいくと思います。いや、そのまえに「どか食い」を止めればいいんですけどね。
このメニューは「LSD加圧もどき」と私は勝手に命名しています。
LSDって90分以上でしょ、そんなにトレッドミルばっかりやっていられない。加圧でスクワットって筋肥大でもないのにかったる。
そんな勝手な私が適当にあみ出した?メニューです。時間があれば更に20分加圧を緩めた状態で走ることを付け加えてもいいのかもしれません。

昨晩のおれメニューは
ベンチプレス(マシーン):めんどくさいからマシーン
バタフライ(マシーン):上記同様
ディップス(チート)
懸垂ワイド、ナロー(チート)
シュラッグ(スミス):一年程ダンベルでやっていたが久しぶりに高重量に挑戦
トレッドミル:上記メニュー60分
腹筋(ツイスト、ヒップレイズ)

ここでもう1カ所、ちょっと最近変えたのが
腹筋です。今までもどんなトレしても腹筋は入れていたのですが、量を増やしています。
必ず2種目やっています。
加重で1セット20回が限界の種目と1セット50回以上でできる軽い種目です。
どっちが効果的か?というアリガチな愚問に対し
「両方やる」という答えを出したという訳です。

あとは
トレーニング頻度を上げるだけですね。
月12回(週3回)以上の頻度で行きたいものです。
冬期になったら下半身を中心に若干メニューを変えるつもりです

2011.11.23

トレ近況

今週の金曜日、弊社主催のコンペがあります。
それで今年のコンペシーズンは終了。
主催者側だから入賞とかはない。ドラコンやニヤピンも私は同伴者に譲っています。
だから特段頑張らなくてもいいのですが、やはりトレーニングでかったるい状態にわざわざなってラウンドしたくない。
とかなんとか理由をつけてサボっている訳です。
10月は14回トレーニングしたのに
11月は20日を過ぎて5回。まあ、そんな月もあります。
というか、メモを見ると、行けた月とサボり月が交互になっています。
モチベーションの維持をガッツリ追い込むより、行けない月も行けないなりにトレーニングをする

そんなこんなを考えています。

そんな最近のトレーニングは
トレッドミル:加圧20分→普通20分→加圧20分
腹筋:ロシアンツイスト30×4、ヒップレイズ50×4
とか
ベンチプレスマシン、懸垂、腹筋
トレッドミル(上記同様)
など
基本疲れがあまり残らないものにしています。
12月になったらゴルフの予定もないし、オフシーズンとしてガッツリと下半身中心のトレーニングをしたいと思います。

2011.11.22

最も意味の分からないiPhoneのアプリに喜ぶおれ

「i golf bag 」
というソフトを250円(通常価格450円)でダウンロードしました。
IMG_3285.jpg
自分のキャディーバックに入っているセッティングを整理してくれます。
愛機の写真を眺めるニヤニヤ
IMG_3282.jpg
シャフトなどデータも管理出来ます。
元々ある程度入っているので選択するだけで登録できます。

上記写真を見て分る様に、アイアンも一本一本管理出来ます。
セットで買っているので個別に写真なんか撮っていなかったので、このアプリの為に撮影しました。
ここまででしたら単なるマイクラブ管理ニヤニヤアルバムプログラムですが
ここから先がスゲーというかiPhoneらしい使い方があります。
IMG_3284.jpg
iPhoneのGPSを使って飛距離を実測して記録できる(らしい)
ドライバー平均250y飛ぶとヌカすアベレージプレーヤー必須アイテムです。
まあ、打ち下しでやれば300yも簡単かもしれませんけど。

ドライバーなんて実質どうでもいいわけで、アイアンの番手ごとの飛距離を実測出来るのは素晴らしい。問題はどうやって計測するかでしょうけどね。
ラウンド中、例えばショートホールで?そんな余裕あるかな?
コースのレンジで他に人がいない時、計りに行く?
しかし、今日昨日即使うのではなく、都度都度使っていればデータとして成熟していくのかもしれません。自分の番手飛距離の認識の為にもコレはいいアプリだとおもいます。

attas3参上その2

どうもダフってばかり
でも当たるとスゲー気持ちイイ
そんなアッタス3のバーナー
IMG_3258.jpg
さてさてどうしたものか?
って
思っていたのですが、練習場でドラコン選手の従兄弟に聞いてみると
なんとおなじアッタス3を持っていました。
(お前が6sかよ)ってちょっと思ったのですが
「しなりで上から打つとダフりますよ」と私が「ダフりんこ状態」である事を言う前に言ってきました。
ああ〜おれだけの話じゃあなかったんね
「横から払う感じで」「押し込むインパクトを意識して」
「しなりを使って飛びますよ」

なるほど
あまり彼の助言を鵜呑みにして、彼のお手本スイングを意識し過ぎると力んで自滅するのが通例なのですが、今回はとても参考になりました。
あと
このアッタス3のしなり具合は


このドライバットに似ているように感じます。最近ちょっと使っていなかったのですが、寒くなってきた事もあるので準備運動も兼ねて使っています。

attasもazasもたしか同じ語源だったと記憶しています。
小馬鹿にされたような気がするのでごくごく内輪以外からされると嫌な気になります。
まあどうでもいいけどね。

しかしこのazasのドライバットは凄い人気です。先日練習場で5人並んで持っているのを見てビックリしました。振っていて楽しいもんね。
コイツの普及のせいで「練習場が混んでいる割には球が出ない」って話は聞かないですけどね。


↑「ゴルフがめきめき上達する練習バッド」との事。
めきめき!っていいですねぇ
改めて信じてみます

2011.11.20

借(パク)?

父のガレージに見慣れないパターがあったのでお刈りしてみました
IMG_3276.jpg
オデッセイのくせにインサートが付いていない。
なんだよこれ
よくわかんないけど
構えやすい
私のマイブームのホワイトホット#1に比べてちょっと角張っていて私の好み
IMG_3277.jpg
いいじゃんよ。これ

調べてみました


これかな?
 このパターは軟鉄削り出しの単一素材で形成されたオーソドックスなブレード型。肉厚のフェース面とフェース面に施した溝の深いミーリング加工によってマイルドな打感を実現。トッププロや上級者が満足する形状とフィーリングに仕上げられている。
なるほど
でもおれ、トッププロでも上級者でもない。
まあ気にしないけどさ

オデッセイのPTといえばinazoさんがミケルソンモデルのLで白のインサートで難しそうなアレ
を思い出しますが、それほどスペシャルじゃあないモデルがあったんですね。
エルスが使って優勝なら十分スペシャルかな?

古いモデルを繰り返し引っ張りだすことの繰り返しばかりでなく
少しはニューモデルも追っかけて勉強しないとこんないいヤツを見逃していたんだな。

とはいえ
今は
写真 275.jpg
コイツがしっくり来ているので
この黒は再度ガレージに返してきます


値段が店によってバラバラなのがちょっと気になります

追記
もうちょっと詳しく書けとのことなのですが
ホワイトホットと比べるとシャープすぎるのです。
キャロウェイで例えるならXプロトとX14の違いに近いかな?
パターは出来るだけオートマチックに真っすぐドーンって打ちたいので私はホワイトホットの#1を選んだと言う事です。

ホワイトホット

最近、コイツで練習しています
写真 275.jpg
オデッセイ/ホワイトホット/#1/33インチ


↑今はXGなのでしょう。
もちろんこの手元のコイツはtrihotではありません。
写真を見ての通り、鉛を付けています。
外して純正グリップだと500gを下回るはずです。基本的に、オデッセイはシリーズが古くなればなるほど軽くなる。
意外と中古屋を探すとホワイトホットって出てきません。中途半端に古いのでもう値段がつかないのかもしれません。
私はコレクターではなくたんなる物好きとして衝動に刈られることがあります。

実はコイツにぐらっときたのです。
ピクチャ 4.png
DFX!
2640円!

そう言えば手元にホワイトホットがあるジャン!って引っ張りだしたのです。
幸い相模原店なので行く事はないと思います。取り寄せるほどのモノではありません。
でも気になるな。

話を戻して
ホワイトホット#1でうってみると意外と面白いので後日グリップを入れ替えて使ってみたいと思います。
img_1921.jpg
画像のライブラリに↑コイツがあったので
こういう出し入れはある一定のサイクルで回っているのかもしれません

2011.11.19

ブラック!

IMG_3249.JPG
レガシーブラックbyキャロウェイ
買いました


うそです。
y兄貴のニューウエポンです。
打たせてもらいました。シャフトはアリスレイだったとおもいます。
とても捕まりのいいヘッドでした。安心して右に打てる気にすらなりました。
私は初代レガシーを使っていたのでこのシリーズには愛着があります。
傾向というかコンセプトは初代からぶれていないのかもしれません。

今、初代レガシーを使っていない理由は実はさほどないのですが、このブラックを打ってみると
なるほど進化しているとおもいました。
初速もグンって飛び出す様な気がします。
すべて計測した話ではないですけどね
キャロ好きならコイツを使わない理由がないのかもしれません

アッタス3が付いているコイツなら最強!?

2011.11.17

attas3参上

アッタス3/6sにリシャフトしました。
ヘッドは
テーラーメイド/バナースーパーファストTP

コイツ、↑のマトリックス(ってことになっている単なる純正シャフト)のXの頼りなさにいい加減嫌気が指したと言う訳です。
IMG_3254.JPG
IMG_3258.jpg
こんな感じね
ちなみにグリップは


ヘッドの白に合わせたつもりでしたがシャフトの黄色に合わせたグリップでも良かったかな?

アイアンと揃えて↑このマルチコンパウンドにしようと思ったのですが、重量が軽くバランスが推定でD2程度になるかもしれないと言われたので止めました。

さてさて
試打やらでattas2にいい印象があったのですが
「3はもっといいんじゃアネーの」なんてぼんやりした認識だけで買いました。

うそうそ半分本当

一応移転のため通えなくなったショップの感想や→
そしてゴルフ5での試打をした結果、決定しました。

ゴルフ5ではヘッドを同じにして2と3とで打ち比べたかったのですが
そうそう都合のいい組み合わせは存在していませんでした。
今、各メーカーカチカチシステム?で幾らでも何とかなると思うのですが、この量販店の限界はこの辺なのでしょう。
以前通っていたショップは練習場内のショップで試打も出来る素晴らしいシステムだったのですが
練習場の閉鎖に伴い、私の生活圏外に移転してしまいました。
今回、サイトも参考になったし、新店舗でもゴルフ5でやろうとした事が普通に出来るようなのですが、高速のって行ってリシャフトして後日取りに行く作業はさすがに出来ませんでした。
まあ、ヘッドはちがえど打ち比べる事は出来ました。

ちなみに料金は
ゴルフ5で4万円
エフォートで3万円でした。
→工賃とグリップ代そして半無駄になりそうなチンカップを買って3.5万円でした
エフォートでは同じヘッドに7sが入って5.5万円で売られてた!


さてさて、印象やら感触などは
正直やわ過ぎのブヨブヨでビックリしました。失敗したか!?
練習場でもはじめのウチは右に左に大変な騒ぎ。
しかし
15球目ほどぐらいからこのシャフトの特性が分ってきた様な感じがしました。
そして最近課題になっていたふけ上がりにも十二分に効果のあるシャフトであると思います。
「スイング中、絶えずヘッドは体の中心」コレを絶えず意識しているといい球がでます。
↑単なるゴルフの基本ですが、そのイロハのイをきちんと認識させるっていいシャフトだぜ!
そう言う事にしておきます。

多分バーナーTPとattas3の組み合わせって最強に「左嫌がり路線」だと思います。
でも私はシャフトの柔さからかそれなりに捕まりの良さも感じる組み合わせ
ということにしておきます


とりあえずこれから寒くなるので冬には尚の事◯としておきます。

2011.11.16

999.9→伊勢丹

私の愛用するメガネ
写真 271.jpg
二年程前伊勢丹メンズ1fの999.9で購入しました。

2009年の9月に購入したエントリーがありました。
(ちゃんと日記の機能を果たしている!)
私の粗暴な管理に耐えていたのですが、そろそろくたびれてきました。
メガネを風呂(温泉を含む)に持って行かない事、一日一回レンズを掃除、フレームも一緒に掃除
この2年前の店員の教えを守ってきたのですが
写真 273.jpg
フレームに関しては整髪料痕が付いてしまいました。
そして締め付け部分に関してはかなりガタがきていて、私がいくら精密用ドライバーで締めてもがたつきます。下を向いて作業をすると必ずずれて「東元知事」老眼鏡状態になってしまいます。
新宿に行ったついでに購入した伊勢丹に行ってみてもらいました。
店員にこの垢付きフレームを見られるのはかなり恥ずかしいのですがしょうがない。

結果、1〜2分で調整終了。掛けてみると、新品の時の様な「しっくり感」「フィット感」が復活です。不思議なものです。
垢についても相談しました。すると
「お預かり2週間程度で磨いて消せます。無料です」
との事。さっそく預けたかったのですが、そうすると裸眼で帰らなくてはいけない。
今回は車だったのでそれは出来ません。
でも無料ならいいじゃん!
ちょっと嬉しい。さらには今回の調整も無料。そして駐車券1時間もらって伊勢丹メンズ館をパトロールして帰りました。
この建物では普段ほとんどファッションと無縁の環境にいる私からすると、まぶしい限りです。
そのまぶしさは今回は「おいてけぼり感」すら感じました。
そりゃあ
「自宅、職場、ゴルフ練習場、ジム、ゴルフ場」この行動範囲だけではしょうがないのかもしれません。時にはこうやって刺激をいれておく必要性をつうかんしました

2011.11.15

カップ

チンカップを購入!

これではありません。
フム=
楽天にもアマゾンにも(h23、11現在)見つける事は出来ませんでした。
ゴルフボールのマーク書き定規です。

コレと用途は似ています。コレも持っています。これで十分なんです。
コイツ+赤、黒、緑のマジックで色を書いています。
本当にこれでいいんです。この線のおかげでなんか集中できている様なきもします。
でも

さてさて
現物の写真をそろそろ登場させましょう
image.jpg
いがいとしっかりした作り
まあ
1800円もしましたから
絵柄は色々あったのですが
パットイズマネー、そして私の名字を考え、この柄にしたのですが
実際書いてみると
image.jpg
結構冴えない。
まあそんなものかなぁ
追記
↓楽天にありました

Tin Cup ティンカップ Personal Imprinting System

Tin Cup ティンカップ Personal Imprinting System
価格:2,200円(税込、送料別)


エフォートの方が安かった

2011.11.13

キャディー男

先日行ったゴルフ場で付いたキャディーさんは男性。
おじさんとおじいさんの間ぐらいの年齢。人足りなくてコース課の人が付いた!?
一瞬そんな雰囲気でした。
さて
実際スタートしてみると、コースを熟知していることはもちろんのこと、なんかとても楽。
本人の気さくな性格も大きいと思いますが、異性がいない気楽さもあるのかもしれません。

私はヤーテージやグリーンでは自分の読みをキャディーさんに言ってみて裏を取る?様な聞き方をしています。
あまり依存し過ぎるとセルフプレーが辛くなるからです。
今回もその方式でやっていたのですがとても「息が合う」感じがしました。
そしてロングパットでバーディーが出来たとき、なんとハイタッチをキャディーさんが要求?してきました。
なんかプロっぽい。初めての経験。
とても嬉しかったです。

英国ではキャディーは男の仕事と言いますし、私はとても「いい気分」でした。

50代後半から週末キャディーのバイトをはじめて、定年後晴れてフルタイムキャディーになったのこと。当然?ゴルフ好きで60台で回るとの事。
話を聞いて、そういう歳の取り方もいいなぁ〜と正直思いました。

2011.11.11

ボール決

先日のラウンドでも売店でボールを買ってみました

以前、キャディーさんから渡されて打ったとき、いい感触だった事を思い出して買ってみました。
あの時は暫定球だから上手く打てただけだったのかな?
なんていうどうでもいい不安もあったのですが3個900円程度でした。まあそうビクビクする金額じゃあありませんね。

結論から書けば十分合格点でした。
ドライバーの打感もPROv1とさほど違いは感じませんでした。
飛距離は私のふけ上がり症状が押さえられむしろ結果は悪くなかったのかもしれません。
アプローチのスピン性能については、確かに100yを52度で程々しっかり打ったときも戻ってくる勢いはありませんでした。しかししっかり止まったのは確かです。元々戻る事を想定していないのでむしろこのぐらいの方がいいのかもしれません。
前回買ったミズノのクロスエイト(赤)と比べ、こちらの方がprov1に近い柔らかさを感じました。

考えてみれば、私がPROv1をつかう理由というのが
1:タイトリストカッコいい
2:タイトリストでいいボール
3:まあPROv1使っていれば問題や後悔は無いだろう
こんなぼんやりした理由でした。たしかにいいボール。文句の付け様がありません。
お値段なんて無くさなければいいのです。ふけ上がり?そんなもの打ち方が悪い訳です。

しかし、中央道沿線のヘタレOBコースでプレー時は、本人が違和感を感じない程度で安いのを使ってもいいんじゃあないんかな?


どうやら2010年モデルと2011年モデルが混在して販売されているようです。タイトリストが2年に一度モデルチェンジするときは大騒ぎになりますが、この層のモデルチェンジは何となくなのかな?



2011年モデルだと3000円/ダース



2010年モデルだと1500円/ダース
どうせ安物志向なら@100円っていうのも悪くないな

2011.11.09

10年以上昔のリベンジ

社会人になってすぐの頃、父にゴルフを強引に勧められ?
無理矢理デビューさせられました。
当時渡された道具は
三浦技研のCB2003とタイトリストの975DでX100のスチールシャフトだったと記憶しています。父は私をウッズにしたかったのでしょうか?
いや本人がそうなりたかったのか?

で、デビューのコースは
山梨県上野原のメイプルポイントゴルフクラブ
3歳上の遠縁の親戚もデビューするということでその方と私、そして父の知合いの4人でした。
練習場で「激厳しい父」は
コースでは「鬼」になりました。
「クラブを持って走れ」「グリーンでは走るな」(当時はどっちだよっておもいました)
「ラインを踏むな、ラインに立つな、」「ノーカン、弱虫」と言ったり
アーでもないコーデもない。
とにかく怒鳴られまくりながらの散々なゴルフでした。
元々人に教えた経験がない、教わる側未経験、厳しい、高圧、スパルタ
そんな父の指導に私はついていけず、
私はゴルフが本当に心底嫌いになりました。
ゴルフってヤツはなんでこんなにまで偉そうで理不尽で非論理的で面倒なんだ。やらない人生の方をおれは選択する。
本当にそう思いました。
実際コレからやく6年はゴルフをやっていませんでした。
結婚して、職場も変わり、同級生ともゴルフが出来る様になり、やっと実質的にゴルフをする様になりました。
最近、あのとき抱いた嫌悪感は全てゴルフではなく、あの時の父の教えるゴルフだったという事がわかりました。教え方、出会い方の問題ですね。

私も子の親となった今思えば、「息子とやるゴルフ、マナーを教える」などなど本来人に教えた経験のないスパルタな父が「前のめり」になり過ぎていたのでしょう。「本人は徹底的に教えた」と思っているだけだと思います。

さてさて
そんな私のデビューとなった舞台のメイプルポイントゴルフクラブにそのとき以来の、今回10ん年ぶりに行ってきました。金融機関のコンペだったのですが、なんとそんな父も別組で参加しています。
IMG_3226.jpg
コースの記憶はこの無駄にゴージャスなクラブハウス、そしてホール間に歩いた坂道。
コースがどうだったかなんてこれっぽっちも覚えていません。

プレーをしてみて、
少しは思い出すかと思ったのですが、やっぱり当時はコースなんか見る余裕はありませんでしたから記憶はありませんでした。乗用カートとなった今ではつかっていないゴンドラをを見て、思い出すのが精一杯でした。

スコアは42、47PT34
辛うじて80台を出す事ができました。
前回は133ですから進歩したとしておきましょう。
IMG_3233.jpg
コースは正直言って、そんなにいいコース、面白い設計だとは思いませんでした。
距離が無く(RTだったからね)、普通に中央道沿線っぽいトリッキーコース。
まあ普通に金融機関主催コンペでプレーをしたというだけの感想でした。
ススキの生えているバンカーはソールしていい、とキャディーさんに言われたのですが、気味が悪いのでふつうに打ちました。
BTだったらもう少し違う感想があったのだと思います。でもいいコースはRTでもタフさを感じるのでそういう趣のコースではないのかもしれません。

次回は70台をめざします

父が55、49とおおたたきをしていました。しかし本人的には最近では慣れっこな数字なようです。私的にはちょっと寂しいものを感じました

2011.11.06

アンダーアーマー初のニット

今年の冬はコイツでゴルフが出来なくなったら終了



このセーターを買いました。
FBのアンダーアーマーfanページを主催している販売店の宣伝に
思い切り釣られてみました。↑このリンクの先ではありません。

IMG_3214.jpg
173cmで75kgの私は日本仕様ではLです。手の長さもピッタリです。
セーターって一般的にはゴアついたり下腹部がだぶついたりする場合がありますが、
コイツはタイトで生地は柔らかいのでゴルフにも適していると思います。
この「ゴルフにも使える」というファクターばかり追いかけていると
子供の運動会にゴルフウエアでやってくるお父さん
という
アレになってしまう危険性がありますが、欲しくなっちゃんだからしょうがない。


気に入っています。

シーズンオフでのトレーニング

プロゴルファーでもなければ競技に出ている訳でもないので
「オフ」ってなんだよ。
(競技に出ていないんだから延々とオフと言えばオフですが)
お客さんのコンペやら会合やらお誘いやら
4月〜5月、9月〜11月はゴルフのラウンドが多い。
特に今年は春期が全て中止になったのでその分秋に回ったコンペもありました。
もちろん馬鹿正直に参加する必要はないのですが、
今年は自分の交遊範囲を広げる為にあえて今まで不参加にしていた会にも参加しました。
そんなシーズンもそろそろ終わります。

ゴルフのラウンドがある3日前からデットリフトとスクワットはやってはいけない

私の経験からの鉄則にしています。理由は回復に時間がかかるのでゴルフに支障をきたす。それでは本末転倒。しかし今年は思い切ってシーズン中はラウンドの予定の有無に関わらず一切止めました。
下半身のトレーニングは加圧で20分トレッドミルで走り+20〜30分普通にトレッドミル
つまりは単に走るだけです。これでも十分不足を感じる事はありませんでした。
もちろん向上を目指すならば当然これでは足りません。
シーズンオフにこの辺を集中してやりたいと思います。

逆に上半身に関してはシーズン中でもさほど影響が無い事も分りました。回復は1日あれば十分です。ですからオフは上半身は程々に下半身のトレに集中できると言う計算です。

もっとも
ゴルフをプレーしているだけでは筋力の不足は感じません。
18h歩きプレーをしていて後半かったるいという持久力はーーー回数の問題なのかなぁ

ボディビル

ジムでトップビルダーを目指す学生さん(学生チャンピオン)とお話しする機会があったので
質問してみました。

Q1:デットリフト、ハイクリーンをやっている人とやっていない人って見てわかります?
全身のトレーニングって筋肉個別のコレって言う訳じゃあないからボディービルではどうなの?
って質問です。
A1:見てわかります。全体的な厚みの有無が明らかにわかります。
(なるほど分るんだって)

Q2:肩ってショルダープレスだけじゃあだめ?
A2:ダメです。三角筋の前だけです。中はサイドレイズ、後ろはリアレイズ。三角筋は一つの塊ではなく3種類で同じところに繋がっていて、ぼくの肩を見て下さい(タンクトップから露出している肩を指して)ここから〜〜〜

Q3:一カ所週1回?
A3:基本的にはその程度でバリエーション次第で色々ありますが〜〜

Q4:シュラッグをやるのは肩の日?背中の日?
A4:僧帽筋は背中に繋がっているので私は背中と一緒にやります。

私はとてもビルダーを目指すほどではないのですが、解剖学まで考慮したトレーニングスケジュールやら組み合わせなどその知識や工夫には本当に勉強になりました。


2011.11.05

目標

「目標の設定」
「なりたい自分の具体的設定」
   ↑    ↑
   ↑   「現状」
   ↑    ↑
「不足部分の認識」

この辺を改めてハッキリさせようと思った。
数えたら今37歳だが40になるとゴルフ歴も10年を超える訳で「ビギナー」ではない。

1:なりたい自分像
シングルハンデ、とりあえず9。だって飛び級は無いからね。
計算上の色々はあるが雰囲気として
「80台後半をコンスタントに出す。調子やコースでは90台後半を出す事もあるけど、いい時は80台前半の事もある。平均ハーフ40台前半」
「基本ボギープレーだが、時々パーをとってスコアを作る」
「PT30〜33、1PTを3回程度」
多分HC9〜7はこの辺だと思う。

2:現状
100は打たないけど80台はさほど出ない。ハーフ40台後半は出るけど45を切るのは前半後半のどちらか程度。(ボギープレー+2〜3)

3:不足部分
1)250yコンスタントに落とすドライバー
筋力的には問題ないので精度の問題だと思います。
先日同伴したプロと自分との違いの痛感が参考になっています。
アンダープレーをしたプロも実際の処、バンカーに入れる事もあります。par3でショートすることもあります。アプローチで寄り切らないこともありました。しかしミスの後のフォローでしっかり納めるのです。ズルズルと傷口を広げる私との違いを感じました。ただ、ドライバーのミスは少なかったです。最初に打つショットですからリカバーする負担が大きくなってしまうのです。「ドライバーショットのミスのフォローは正確なドライバーショットより難しい」結果から辿るとそういうことなのかもしれません。
2)1.5mを確実に入れるパター
上記の通り、寄り切らないアプローチの時もあるのですが、1.5mは確実に入れていました。
ロングパットで入らない時は確実にオーバーして返しで2ptで納めていました。

⇒つまりはドライバーの確実性ってことです。
ドライバーさえ上手く行けばおれってシングル
とまで言いませんが、ボトルネックになっているのは事実です。
250y先のフェアウエーに確実に落とせるドライバーを目指します。

2011.11.03

課題

最近こんな感じです。 この動画でもそうなんですが、「天ぷら」です。 上から打ってバックスピンが多過ぎ この問題が解決されればもう少し飛距離が伸びるんですけどねぇ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

フォト

ツイッター


マイゴルフセッティング

  • マイゴルフセッティング

    20161126_210928

    1w:テーラーメイド/SLDR/S

    3w:テーラーメイド/Vスチール/アルディラ/NV8S

    5w:テーラーメイド/Vスチール/NS950R

    4I-PW:タイトリスト/660/DGSLS300S

    52:アキラ/652/DG200S

    58:アキラ/ツアー/DG200S

    PT:オデッセイ/#5CS/34

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

楽天