2017年購入リスト


  • 腹筋ローラーはこのタイヤの小さいタイプの方がお勧めです。グリップもしっかりしているし、転がりもいい気がします。

  • GARMIN GPS スマートウォッチVIVOACTIVE J HR
    最強ウエアラブル、最強GPS

購入したモノ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006.12.28

お仕事中はお互い様・・・・・

Dsc02545
渋谷で「緑のおじさん」がお仕事していたので思わず写真撮りました
ハザード出していても無駄な様です

2006.12.26

21世紀にも

昔、「コスモス」というガチャガチャ(ガチャポン)で「心霊写真」が商品(景品)として出る
というのがありびっくりしたことを思い出しました。
アレはなんだったんでしょうか?

いずれにしても、70~80年代「心霊写真」は流行っていたはずです。
「集合写真に目線が入り、そして風景の空に人の顔らしき雲や気の木陰」
そんな写真集をわざわざ修学旅行やらに持ってくる友達・・・・

まあ思い出としては十分ほろ苦甘酸っぱいのですが
最近の事情はどうなんでしょうか?

これだけ携帯の「写メ」が普及しているので
国民一人当たりが写す写真の量は圧倒的に増えたはずです。
写真が心霊写真となってしまう確率は時代が変ってもそう変らないと仮定すれば
母体が増えた以上、「圧倒的に心霊写真が増えた」事になってもおかしくありません。

しかしそんな話はあまり聞きません・・・・・・

写真といえば光学的現象であった20世紀と、デジタル処理される21世紀との「時代変動」「イノベーション」に心霊写真が付いてこれなかったのでしょうか?
実は私もそんな1人かもしれません。

かつて写真、カメラが大好きでした。学生時代、20代はたえずカメラを持ち歩いていました。現像もしていました。雑誌に出したこともあります。ピンホールカメラも含め光学てき現象を紙に焼き付けるその「直接手が届かない領域をいかにコントロールするか?」を楽しんでいました。
写メ以前は日常にカメラを持ち歩く人がいなかったので、「カメラを携帯している」だけで時代の記録者の様な錯覚すら感じていました。
もちろん今でもフィルムにこだわっている方もいます。写メなんか所詮おもちゃであり、当時のコダワリや醍醐味は今も変らないかもしれません。
でも私はどうも懐古趣味になりつつあるようでやめてしまいました。

話を戻して心霊写真
いや写真と言わず「心霊動画」がyoutubeにあったり「心霊blog」
心霊ウェブ2.0
としてヤングをびびらせて欲しいものである

百姓出のおれの前世はやっぱり百姓がいいな<追記>

「あなたの前世は戦国の武士でお殿様のすぐ下で仕え武芸に優れた方でした」
とか言われた(診断)されたわけではないのですが
私は
最近流行の前世占いのようなモノはイマイチ苦手です。

1.統計学的に考えて
1)世界の人口分布を考えた場合、続けて日本人に生まれる確率はかなり低いはずである。さらに武士なんて日本でも全人口の1/10にも満たなかった層である。TVで時代劇ばっかり見ていると、国民のほとんどが武士のような気がしてしまうが、妄想である。
2)世界の人類の確率から考えれば中国インドといったアジア地域に集中するはずである。
3)アフリカエリアの例があまりに少ない。

2.歴史的時間軸を考えた場合

人類の歴史というのはいわゆる歴史の教科書に事細かに載っている時代よりも、縄文・弥生時代の方が1ページが500年単位で進むほどであり、人口そのものは少なかったはずであるが圧倒的にそちらの方が長かったはずである。

3.分かりやすい人ばっかり登場

武士、中世ヨーロッパの貴族、僧侶、王(皇女)など、まあTVに出るタレントというのは「選ばれし者」ゆえに高貴な前世をお持ちな方故に成功しているのかもしれませんが・・・・

4.平均寿命がこれほど長いのは人類の歴史上最近の話に過ぎない

昔話の「おじいさんとおばあさん」は設定上では40歳半ば程度であったとも言われています。つい200年程度まで日本でも子供の頃病気や怪我で早死するケースも多くあったはずである。となると、前世の寿命を越えているケースが大半なはずである。

5.そもそも輪廻転生という発想は仏教だから・・・・・
「仏教だけが正しく、全ての人類は輪廻転生する。だからキリスト教徒の中世ヨーロッパ貴族だった前世を持つ人が日本にいてもおかしくない」と言われてしまえば、それまでで、私はそれ以上語るつもりはありません。しかし少なくとも旧来の仏教の方は前世の診断はしませんねぇ。

まあ前世がどうであろうと、今しかないと私は考えています。
たとえ私の前世がかなりの薄い確率で日本人で、さらにはなにか偉かったり、卑しかったりしたかもしれません。
でも今の私にどうすることも出来ないと思います。
輪廻転生するなら、次に期待します。

でも
先祖となると、結構私は弱いです。先代、先先代と遡る方々の存在がなければ私という存在がいなかったわけです。私はダメなようですが、私の先の子孫に万が一著名人や人類に功績を残す偉業者が誕生すれば、私の存在もまあ無駄ではなかったことになります。(子孫頼みの他力本願)
だからといって、熱心に墓参りとかしているかと言えば、義務的カレンダー的にやっているだけで、それ以上のなにか特別な宗教的な事をやっているわけではありません。

いずれにしても、人一人生まれるという事は、かなりの薄い確率で生まれるわけで、それだけでも強運の確率を勝ち抜いて今があるわけです。さらにそれ以上の運を求めてはいけないのかもしれません。

いや、逆に
自分も含めヒト1人が存在するその元には年末ジャンボ以上の偶然が重なっていると考えた場合、結構偶然って氾濫しているのかもしれません。そろそろ今年ぐらいジャンボな年末・・・・・・・・


<追記>
ヨソでも似たような疑問を抱き、記事になっているようです。
しかし1月25日付けの記事
1ヶ月私の方が速かった。ウフフ

2006.12.24

有馬記念とりましたが

20061224101005 義母、妻の依頼分も含めて

20061224101112 新宿場外馬券売り場で

昨年に引き続き、今年最初で最後の馬券購入。

結局東スポの言うままに購入

今回は「ワイド馬券」に初めて挑戦しました。
二頭の馬が1~3位に入ればok→緩めのオッズ

まあその辺で私は十分です。

20061225083924
ワイドで330円付いた様です。

500円購入なので1,650円という事のようです
計1,500円購入だったので150円の儲けの様ですが、
交通費(新宿-千歳烏山170円×2)を考えると赤字です。
いや換金しに行くためには再度いかなくてはいけないので
1,500-(1,650-170×4)=-830

「勝っても赤字な馬券を買う」
ご利用は計画的に・・・・って事でしょうか?
来年は交通費「830円」の諸経費を上乗せを肝に銘じておきます
まあこんな感じで年が過ぎていくのでしょう・・・・

2006.12.21

PING買った

20061221205321 ガンダムっぽいカバー・・・・・

20061221205336 デザインはG5の方が好きなんですが・・・・

ジムの鳥かごで打っただけなのでなんともいえませんが
飛んでる感
は十分です!

キャロウェイのBB454よりかは少なくとも飛ぶはず・・・・

ウフフ

ボストンレッドソックスファンとして

きっと
米国のファンたちは日本からの数少ない情報から松坂妄想を膨らませていることでしょう。

いう事で、せっかくの日本からの高額なクリスマスプレゼントですから
日本在住のファンとしてその情報を伝達する必要性を感じました。
ファン同士のネットワークは大切です。
という事で
レッドソックスファンのDan氏に英語のメールを書くことにしました。

返事が遅れて申し訳ございません。来年、日本の最終兵器がボストンに届くので楽しみにしてくれ。  ニューヨーク行きのものより数十倍性能が評価されている。そして過去米国に輸出された機械とは格の違う性能を誇っている。利用方法さえ間違えなければ来年のボストンは歓喜に満ちることであろう。幸運を祈る。

上記文章をgoogle翻訳で決めてもらいました。

The reply lately there is no excuse. Because the ultimate weapon of next year and Japan reaches in Boston, it enjoys. Several dozen time efficiencies than those of the New York going are appraised. And the machine which past is exported to the United States you are proud of the efficiency where case is different. If only utilization method you do not make a mistake, Boston of next year probably will be full in joy. Good fortune is prayed.

しかし逆にこの英文を日本語にgoogleで訳すると

応答は最近そこに弁解でない。 来年および日本の最終兵器はボストンで達するので、楽しむ。ニューヨークの行くことのそれらより複数のダース回の効率は評価される。 そして米国に輸出される機械は場合が異なっている効率の自慢している。利用方法だけ間違えなければ、来年のボストンはおそらく喜びで完全である。 幸運は祈る。

ちんぷんかんぷんである。伝言ゲームの様でもある。はじめの日本語の文章もある程度直訳を意識して作ってみたのだが・・・・・
もちろん
一応中学では英語勉強したのでこの程度の文章なら英作文ぐらい自力で可能である。
しかし
受け取った側もヘンテコ文章の方が妄想も膨らむと思うので
あえて
このまま送ってみました。返事が着たらココでご報告します。


アンダーウエア問題

昨年も書きましたが

アンダーウエアをどう着るか?という事を考えて見ます。

厚手のコートを着るより機能的なアンダーウエアを着て
薄着な振りをする。
という立派な見栄ファッション。
そんなこんなをウダウダ考えるシーズンが来ました。

今年注目なのが

ミズノバイオギア

昨年まで私はこの手の機能性下着は
アンダーアーマーの前にアンダーアマーなし」と断言したのですが
このミズノバイオギアを手にしてしまってから、
アンダーアーマー足元に及ばず

簡単に手のひらを返してしまいました。
アッパレ日本企業の開発者諸君!

特徴1:安い
のっけから「そっち路線か?」と思うかもしれませんが、大切な要素です。アンダーアマーが高すぎたのかもしれません。

特徴2:柔らかい
やはり下着ですから、少しでも柔らかいとうれしいものです。この柔らかさが軽さにもつながります。運動する際にも当然効果あります。

特徴3:暖かい
くわしい仕組みは知りませんが、不思議なヌクヌク感があります。

去年までミズノの下着というと「サーモ」というのがありました。
(今年もあるようですが)コレは確かに暖かいのですがナイロン生地ではないので、どうも
「ゴアつく」ので、ワイシャツの下に着るという事は出来ませんでした。
ゴルフの際のインナーとしても、ちょっと動きに抵抗が発生してしまい、
結果「暖かいので仕方なく」着ていました。
1年間の商品開発の結果
「アンダーアマーの動きやすさとサーモの暖かさ」という事でしょうか!?


スポーツの時だけでなく
Vネックバージョンでワイシャツの下に着て
フットワークの軽い軽快な営業気取りたいものです。

ピッタリフィットするタイプはどうも苦手
という方もいるかと思いますが、
気持ちはこのマネキンのbodyとなれば大丈夫!
慣れですよ。

2006.12.18

師走の営業

一応仕事もしています。

12月といえば「暮れの挨拶回り」数日後に「新年の挨拶回り」を控えている
素晴らしき日本営業文化といったトコロです。

わたしは結構コレ好きです。
普段、特別な事情や用件、ネタ(仕事的お土産)がないのに得意先、関係会社を訪問すると言うのはどうも
「何しに来た?」「何かあったの?」
と、ちょっと「ばつが悪い」とまでいは言わないまでも
気の弱いダメ営業としては、大義名分に困る節があります。
そこ行くと、このシーズンの訪問はとりあえずOKです。
しかし反対に
中途半端な用件があって会社に居ると、
同様の営業マンが来てその相手をしなくてはいけません。
自分のこと棚に上げ、この営業相手をするのが結構苦手です。
私としてはやらなければいけないことがあるから会社に居るので、仕事が進まない

なんだか矛盾していますね。自分勝手の極みかもしれません。
まあ
お邪魔にならない程度の訪問
営業も「按配」が大切ですね。

2006.12.14

せつなくなりました


どこの何のイベントだか知りませんが・・・・

2006.12.12

VIVA!ロックコンサート

ロックコンサート(ライブ)があまり好きではない。
生演奏を聞くという事は、録音の音楽の比にならないダイナミックな波動を感じるわけで
本来素晴らしいもののはずである。
原因を改めて書くと

1.隣の人が歌いだす
O
私としては「あなた(隣のおっちゃん)の歌を聴きに着ているのではない!」という気になります。もちろん気持ちは分かります。バーチャルボーカリスト!気持ちよさげです。
興奮状態の方に注意するのは怖いので、結局コンサート中ずっとこの隣の人の歌声に方耳奪われた状態に甘んじてしまいます。本当の処、こういうときは注意していいんでしょうか?

2.後ろの人のエアドラムに振動倍増
後ろの方はどうやらドラマーらしく、曲が流れるとドンドコビートを刻んできます。この方のリズム感がどうだかは忘れましたが、とにかくガタガタガタガタ~~~~
こそっと「困ったね」と同伴した当時付き合っていた彼女に言ったら彼女は間入れず注意をしました。それ以来このエアドラムは止まったのですが、小心者の私は後ろから睨まれているような気がして・・・・・・

3.手拍子のリズムが合わない

私は気がつくとワンテンポ周囲と合っていないことがあります。そうなるともう気になってしょうがない。ツーテンポ遅れれば合うのか?と言うとそうでもない。不思議です。単に私に音感、リズム感がないだけなのでしょうか?
周囲の手拍子ばかり気にしすぎて、肝心の演奏は二の次なんてねぇ~

4.アレンジしすぎて原曲が分からない

ミュージシャンからすると、CDと同じ歌い方、演奏では物足りない、飽きているのかもしれませんが、めったに聴けないイチワンフ~としては、蛇足にしか感じません。正直やめて欲しいものです。

5.声面倒
アレの正式な名称は分かりませんが、ミュージシャンが「Say oh~」とか言ってマイクを観客に向けて観客が「oh~」って返すアレ(正式名称が分かりませんが、以下このブログでは「声掛け」とします)
「声掛け」ってすごい面倒
会場の一体感を求めているのでしょうが、コッチは参加なんてしたくない。面倒極まりない。どうも恥ずかしいのです。どういうカッコして参加すればいいのでしょうか?
さらにはライブ盤のCD買って延々と「声掛け」やっているとホントうんざりです。私にはミュージシャンの自己満足にしか感じません。大体日本人ミュージシャンで「Say!」なんて命令形で言われたってサぁ~
あと「oh~」も色々音階付けて変化させちゃって、さらには複雑になってさすがに観客もだんだん付いていけなくなっちゃう。いいから次の曲さっさと歌えよ!って思うのは私だけでしょうか?CDならサッサと先送り押すのになぁ~って思うのは私だけでしょうか?

6.どのタイミングで立ち上がったり座ったりすればいいのか?
せっかく用意された椅子なら座りたい気もします。
でも周囲スタンドアップされたら座っているわけにはいきません、逆に周囲は座っているのに一人で立っているのも恥ずかしい・・・・・
バラード→座るって単純に決めていいんでしょうか?

7.いつまでアンコールするの?
三本締めで必ずもう一回「もういっちょ」やるように、お約束としての「アンコール」ってどうも納得がいきません。単に金払っているから一曲でも多くの曲演奏させたい、拍手の一部としてアンコールをせがむ、いわゆる「お約束」。しかしアンコールの本質って違うんじゃあないんでしょうか?
延々とアンコールせがんで、会場が白けて「本日の演奏は全て終了いたしました~」ってあのアナウンス、まさに興覚めってことですかね。

8.Tシャツ買って何時着る?
勢いで買っちゃったTシャツどうするんでしょうか?

9.やたら高いパンフ、内容スカスカで印刷だけDX

歴史的価値なんかでませんから、チラシで十分なんですけどね

10.英語のMCは分かったフリ

外タレのファンはとりあえず、みんなバイリンガルという事になっています。
どうでもいい一言に「クス」っと笑ってみたりしましょう。

11.でも「アリガ~ト~ニッポンノミナサマ」
と下手糞な日本語に拍手。

ウダウダ書いてみましたが、JAZZやクラシックでは当然上記の様な事はないので
大人(おやじ)になったこれからは
もっと落ち着いたコンサートに行きたいものです。

<追記>
「声掛け」は「コールアンドレスポンス」との事の様です。

2006.12.11

100円ショップでサイクロン

20061210175514
掃除機を購入しました 話題のダイソン!
私はつい最近まで名前を間違えて覚えていました 「ダイソウ」
ソレは100円ショップ!
と思いっきり妻から突っ込みを入れられていました
ついつい「ウ」と言っちゃうんですよ。
まあ いいや 結婚時に購入したTOUSHIBA製はどうもパワーが弱い。
という事になっていますが、 妻が他所のお宅で魅せられてすっかりはまってしまったのが本質の様です。

色々値段の差がありますが、本体は同じで付属品の違いのようです。

この辺の商品ラインナップ構成も日本のメーカーとは考え方違います。
日本のメーカーなら上位機種は付加機能やパワーてんこ盛りにして、あれこれ便利を宣伝するんでしょう。
ちなみに我が家がどの機種を選んだかはよく分かりません。あまり口出しすると、
「それだけ言うって事はやるって事」となりそうな気がしたので及び腰・・・・・・

で実際
使って見ると
音がすごい!

TVやステレオでも我が家ではこれほどの大音量のモノが存在していなかったため 、
娘号泣!
そりゃあびっくりするわ
でも
この 音が逆にパワーを感じるのも事実なんですが・・・・・

2006.12.07

ジムワーク

1時間でどれだけ充実したジムワークが出来るか?
時間がないがそれなりに運動せねばいけない事情があるので
バタバタやってみました

1.到着
2.即着替え
3.懸垂(+15kg3×3→0kg5×3)
4.チューブローイング(50×4)
5.ハイクリーン(35kg10×4)
6.アームカール
7.四股50×3
8.ジャンピングスクワット20×3
9.腹筋
10.即着替え

全てインターバル0分
所要時間60分

実は
20061206214522
コイツを購入しました。
POLAR詳しくは
心拍数測定器
本来はジョギング中に有酸素運動の効率を測定する機械ですが
上記のような半サーキットトレーニングにどれだけ有酸素運動要素が含まれ効果があるのか実験してみたかったのです。
結果50分有酸素運動効果が出ているようです。

もちろん筋肉のパンプアップ自覚があります。
もちろん(再)本来筋肥大を望むなら不向きですが
有効に使えたと思います、お昼休みですから・・・・・

2006.12.03

手帳問題H19

去年の今日手帳問題について書きました。

結局毎年と同じように
今年も某大手商社発行の無難なビジネス手帳を使いました。

来年はチョッと違うことを考えています。

日ハム新庄が球団広報に
「手帳は人前に映るものだからいいものを持ったほうがいいですよ」
と言ってプレゼントしたというエピソードを聞きました。

私も手帳はビジネスマンアイテムの中で仕事、商談中に人前にさらされる道具である
という認識はしていました。
その結果
→業界他系列商社の手帳を使う
20061203121522
と中途半端な反骨心、天邪鬼としてその某大手商社手帳を使っていました。
しかし
そんなコト他人に対する効果はゼロ0%だったと思います。
無駄なコトやめて
ストレート、シンプルに「いいもの」「かっこいいもの」「つかいやすいもの」
を使うべきと考えることにしました。

さて結局今年はどうするか

ファクター1「いいもの」
今年はこの路線からもらい物手帳は遠慮することにしました。

ファクター2「かっこいいもの」
何を持ってかっこいい手帳か?
とりあえず本皮、色は地味でも目立つ色

ファクター3「つかいやすい」
所詮道具ですから機能面での妥協は追って一年間の不便を背負うことになります。

今年一年間手帳を使っていて感じたのが
<暦付きがいい>
大安仏滅などのアレね。
結局、私が土着に生きてるという現れだと思います。人によって必要とされる情報は違うわけで、少なくとも大手商社マンには必要ないらしく今年の手帳には暦記載がされていませんでした。
<年齢早見表は便利>
「昭和20年生まれだと今年?歳」(61歳H18)こんな会話アリがちです。
自分と違い世代でしたら自分から計算できますが、オイルショック前世代の方々とこのような「つなぎ会話」の際この表は大活躍でした。

<時差表、路線図は不要>
この一年間、車移動が多いので一度も路線図は使いませんでした。時差は・・・・時差のないところに連絡することも移動することもありませんでした故。

さてそんなこんなを踏まえたうえで、楽天で探してみました

能率手帳
確かに暦付、大きさもスーツに入ります。
プロが研究し尽くした集大成かもしれません。
しかし「いいもの」「かっこいいもの」としてコレでいいのか?

日経ウーマンと能率手帳の共同開発手帳
またもや能率手帳
ウーマンな私ではありませんが、「使いやすいもの」としては気になります。
色がチョッとな・・・・

色バリエーションを見ると暦がない

ヴィドンの手帳。約五万円、普通手帳が1,000円と考えると50年分
確かにかっこいい。そして数年手帳に悩むことはなくなると思います

エルメスの手帳カバー
コレ毎年能率手帳を入れれば全てクリアとなるのか?

まあ結論はないと思いますがしばらくウダウダ考えてみます。

名人!

私が小学生の頃
名人といえば
ハドソン社の高橋氏を置いて他になし!

コロコロ洗脳小僧集団のアイドルでした

ああ高橋名人
現在もご活躍のようで何よりです。
2年前、師が新宿さくらや前でデモストレーションをしていたとき、妻と足を止め小一時間立ちすくんでしまい、そんな自分にすら驚いてしまいました。

そんな師も
人の子、男の子の様ですね・・・・・・

ウフフ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

フォト

ツイッター


マイゴルフセッティング

  • マイゴルフセッティング

    20161126_210928

    1w:テーラーメイド/SLDR/S

    3w:テーラーメイド/Vスチール/アルディラ/NV8S

    5w:テーラーメイド/Vスチール/NS950R

    4I-PW:タイトリスト/660/DGSLS300S

    52:アキラ/652/DG200S

    58:アキラ/ツアー/DG200S

    PT:オデッセイ/#5CS/34

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

楽天