2017年購入リスト


  • 腹筋ローラーはこのタイヤの小さいタイプの方がお勧めです。グリップもしっかりしているし、転がりもいい気がします。

  • GARMIN GPS スマートウォッチVIVOACTIVE J HR
    最強ウエアラブル、最強GPS

購入したモノ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006.08.30

焼け石

夏の終わりというのは
夏休みの終わりであり
久しぶりに友に会える喜びと不安
そして7月のうちに終わらせてしまった宿題の内容をすっかり忘れているので
「休み明けテスト」がチンプンカンプン
そんな甘酸っぱい思い出に
ついつい浸ってしまいます。

さて
ここ数年
夏のさなか
「打ち水」でヒートアイランド現象緩和
なんておめでたいニュースが報道されるようになりました
参照1 参照2

Top_photo0102

都市部のヒートアイランド対策として、数十万人の都民がいっせいに打ち水を行うという計画を進めている。また、政府も地球温暖化対策キャンペーンの一環として打ち水を奨励しているほか、全国各地のNPOや市町村などもこぞって打ち水を計画・実行している。

この報道やイベントに必要とされたカロリーや排出されたCO2の方がよっぽど悪影響ではないのだろうか?

「焼け石に水」を地で行く運動に見えてならない。
もちろん「打ち水」そのものを否定するつもりは毛頭ない。
しかし一斉にイベントとしてやる必要があるのだろうか?
イベントと言うのは啓蒙する為の手段だから、コレの為に発生する熱は啓蒙された一般市民が一人でも多く打ち水をして相殺以上の効果がある。
という事だろうか?

だいたい打ち水の理論そのものが卓上論に近い部分がある。「都民が一斉に」ってありえるか?

本当に「打ち水」でこの国の温度が低くなり、本当に冷やすつもりならば個別に水撒けばいいだけの話ではないのだろうか?

しかし
地球温暖化、ヒートアイランド現象には「打ち水」しか手立てがないとすれば
これほど悲しい現実はないのかもしれない。

ひょっとしたらこのイベントはもっと裏の大きな意味があるのか?

深い話、裏の話は分かりませんが
いい歳超えた大人が集まって水撒いて喜んでいる姿がわざわざ報道されている姿を見ると、少しこの国が心配になります。

2006.08.21

本当に行ってきました

二月に講演に行った時のことを書きましたが

その社長が経営するホテルに盆休みを利用して本当に行って来ました。
星のや軽井沢→

NHKで取り上げてました

講演でおっしゃっていた数々は本当なのか?
社長は志高く外で威勢のいいこと言っても実際社員はその意図についていけないケースはよくあります。

改めて復習すると

1.社員に任せ自発的な~~
2.ゼロエミッション
3.他

本当は他にも色々あったのかもしれませんが、私が覚えていたのはこのぐらい
印象に残っている
という意味では十分でしょう

さて実際足を踏み入れると

1.確かにモダンな作りでかっこいい
それなりにお金をかけたであろう建物群はシックで素晴らしい見栄えである。

2.確かに従業員教育は素晴らしい。
客である我々に対する「おもてなし」に粗相の一切はありませんでした
食事の際こんなことがありました。
チーズ盛り合わせを注文
→チーズの種類一部ないため出せない(店)
→足りなくてもいいから出してくれ(おれ)
→ヨソから調達しました(店)
もしココで、足りない分量を多くしたり安くしたら結局非を認め譲歩する形となり客側に不満が残る可能性があります。無理したといって出せば客は遅れたことには文句あるかもしれませんがその理由は聞いているので何も言わず(言えず)ソレを受け取ります。
サービス業として完璧なる対応だと思います。ちょっとした腕試しが返り討ちを食らった格好です。「ありがとう」というより「恐れ入りました」。

3.確かに環境に気を使っているようである
全体的に照明を落とし、テレビもない館内(村内)の静けさと川のせせらぎの音は都会人のハートをワシ掴みでしょう。

4.以上の素晴らしさが鼻に付く
ここから先は私のヒネクレた感想です。あまりに完璧すぎるそのサービスが不気味です。
計算しつくされた施設、運営が逆に怖いです。

5.臭みがない
映画セットの様な「張りぼて」感があります。実際の田舎の臭いがないのです。土のにおい、動物、木、など「いいにおい」とはちがう自然の臭みが一切ありません。
「都会の人がイメージする都合のいい田舎」そんな感じかな?

6.詰めの甘さ
例えば本当にゼロエミッションを掲げるならアメニティーグッズもビニールパッケージの必要はない。衛生的な問題も説明次第で大丈夫なはず。必要ならば分解できる紙でパッケージすればいいはず。冷蔵庫の缶ビールや缶ジュースもリターナブルな瓶にする方法がある。風呂場棟横で販売していたドリンクもカンからさらにプラスチックコップに移し変えて販売している。結局普通の旅館やホテルと変わりありません。西表島のホテルの方がよっぽど配慮がありました。参照(こちらも色々反対運動盛んの様ですが)。この辺はISOなど外部監査を受けている方に軍配が上がるのかもしれません。

7.バリアフリーとは無縁
今回乳児を連れての旅行だったのでベビーカーを押していたのですが、これが大変。急勾配の階段と段差だらけ。お父さんベビーカーリフトアップの連続。元々山なので仕方ないのかもしれません。もっと重い車椅子ユーザーの場合、正直お勧めできません。
その辺は
経営者がコスト削減とマーケティングで「その層」を諦めた計算結果なのかもしれません(憶測)

色々重箱の角突付いてみました。
6.7に関しては私の職業柄かもしれません
しかし
トータル的には素晴らしい完成度です。ですからなおの事、私ごときが感じたことぐらいなんとかなると思うのです。いや何とかしてほしいのです。

Img_0074

ちょっとお値段張りますが
まあその辺はがんばる価値ありますよ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »

フォト

ツイッター


マイゴルフセッティング

  • マイゴルフセッティング

    20161126_210928

    1w:テーラーメイド/SLDR/S

    3w:テーラーメイド/Vスチール/アルディラ/NV8S

    5w:テーラーメイド/Vスチール/NS950R

    4I-PW:タイトリスト/660/DGSLS300S

    52:アキラ/652/DG200S

    58:アキラ/ツアー/DG200S

    PT:オデッセイ/#5CS/34

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

楽天